1. TOP
  2. バンド
  3. バンドが集客に困らなくなるたった1つのテンプレートを公開!

バンドが集客に困らなくなるたった1つのテンプレートを公開!

Contents

 

あなた
山本さんこんにちは!
友達になってくれてありがとうございます!今後もよろしくお願いします!

 

 

山本さん
こちらこそよろしくお願いします!

 

 

ここからあなたはSNSで情報を発信して、山本さんを楽しませる。

もっというと、山本さんが喜ぶような価値を提供し続ける。

 

だんだん、山本さんはあなたに好意を抱く。というより、あなたの情報に関心を向け始める。

山本さんの「いいね!」や「コメント」がだんだん日常化してきて、あなたはいよいよライブに来てもらえるくらいの信頼度を得始めた。

 

ここで初めて山本さんに改めてメッセージにてライブのお誘い。

 

 

あなた
山本さんこんにちは!いつもコメントありがとうございます!
今度、7月10日に渋谷の〇〇でライブがあるんです!
よかったら遊びに来ませんか??

 

山本さん
こんにちは!
誘ってくれてうれしいです。日程調整してみますね!

 

あなた
ありがとうございます!!

 

 

・・・。

 

 

 

こういうことなのです。

何が違ったか、わかりますか?

 

 

ライブに来てもらうための必要なのは「信頼関係」

バンド集客に一番必要なのは、実はココなのです!

 

先ほどの2人のセールスの決定的な違いは、この「信頼関係」ができているかどうか?です。

 

 

いいですか??

 

 

SNSといえど、相手は人間です。

 

 

相手があなたのライブに行くのであれば、相手の時間とお金を奪って来てもらうという大前提を忘れるなということ。

保険セールスマンの野口は、「野口」という人間が何者なのか?がはっきりしていないまま、いきなり高額の保険をセールスしてきているわけ。

 

一方田中は、「田中」という人間を何度も会うことで信頼を構築しているところが最も重要なポイント。

これが、冒頭の信頼関係構築、つまり「ファン化」ができている状態ということです。

 

さらに・・・。

 

ファン化を促進させるために、事前に価値を無料で提供している

 

さらに田中は、冊子を無料で提供している。しかも2回に分けて。

 

本来なら、2冊を一度にドサッと渡してもいいはず。

でも、あえて2回に分けて渡している。

 

これは、「田中」と何度も接触させるため。

ザイオンス効果という心理がある。

これは、接触頻度が高ければ高いほど相手に好意を寄せる…というものだ。

これを、田中は巧妙に実行していたというワケ。

 

また、このように「価値」を分けることで相手に「たくさんいただいた」と誤認させるためだ。

 

保険セールスマンで例えるといろいろエグイが、SNSでやることはこういうことなのです。

 

まちがっても、SNSは見ず知らずの相手にライブ告知のコピペ文をガンガン送りつける場所ではない!

ということをしっかりと認識しておいてほしい。

 

ちなみにこれは、冒頭でお話した10ステップの5番目以降の内容である。

 

長くなりましたが、ここまでがバンド集客の本質です。

ここから、順を追って項目ごとに解説していきます!

 

あなた
もういいわ!
読むの疲れたわよ!!怒
早く!
さっさとその方法を教えなさいよ!
雷僧
そういうせっかちなあなたは、こちらのメール講座を受講してみてください。

↓【期間限定】特別ライブ集客メール講座はこちらから!



*メールアドレス

限定50名までなので、タップしても無反応だった場合は締めきてますのであしからず・・・。

 

続いては、あなたが共感せざるを得ないあるある話を僕の実体験とともに解説していこう!

\ SNSでシェアしよう! /

バンドプレスの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バンドプレスの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

    関連記事

    • バンドで生活をしていくために必要な事

    • 何をしたらいいの?!ライブ本番の具体的な手順を画像付きで解説!

    • バンドは「何をやるか」ではなく「誰がやるか」である。

    • やりたくないバンドに誘われたら迷わず加入すべき理由

    • ギターを通じてバンド活動で学べること

    • 音楽、バンドオーディションの裏側を完全暴露しようと思う。