1. TOP
  2. バンド
  3. 売れるバンドマンになるために売れない特徴を4つ覚えておけ。

売れるバンドマンになるために売れない特徴を4つ覚えておけ。

「バンド 売れる 方法」

あなたもこんなこと検索したことはないだろうか?

ちなみにぼくは何十回と検索した。

 

今日のテーマは、そんな売れるバンドマンになるために、逆に「売れないバンドの共通点」を4つ紹介したい。

売れない共通点さえわかればあなたのバンドは売れるということです。

 

雷僧
売れないバンドの共通点は、実はかなり単純です。
単純なんだけど、できないんですよ。
なので、それぞれについて簡単に解決する方法を記しておきますね!

 

1.曲や歌詞が良くないバンド

そりゃそうだろってハナシですよね。

 

こりゃ売れないバンドの代名詞です。

こればっかりは、申し訳ないけど、、、センスです。

メロディが良くないのか、バックの演奏のアレンジなのか、リズムパターンなのか。

 

歌詞にいたっては、日記になっちゃダメです。

何を伝えたいのかわからないのに歌ってたら、それはカラオケと一緒です!

 

シンプルでかっこいいバンドって考えた時、必ず出てくるのが、ブルーハーツなんですが、ブルーハーツって、バックの演奏はかなりシンプルです。

が、メロディと歌詞が強烈にインパクトがあるので、歌詞と曲が全部持っていってくれてる感じです。

 

逆に、、、よくあるテクニカル志向のメタルバンドとかって、演奏面は超カッコイイけど、肝心のメロが全然良くなかったり、、日本人のくせにヘタな英語でゴリ押しして何言ってんのかわかんなくて全く響かなかったり、、、っていうことが結構多い気がします。

 

具体的な解決方法

これはもう、100%で客観的に聴けるチカラ

があれば大丈夫です。

あるいは、誰かに視聴させてもいいです。

「これ、うちのバンドの曲なんだけど!」っていう先入観を持たせずに聴かせることっす。

 

自分で聴いて、うおおおおおカッコイイ!!

って思いたくなるのは重々承知なんだけども、、。

 

マジで客観的に聴いてみろ!

自分のギターに酔いしれてる場合じゃありません。

自分の歌詞に涙してる場合じゃありません。

 

普通に聴いて、好きなバンドと交互に聴き比べて、何か「これ!」っていう良い部分があれば、とりあえず売れないバンドから脱出する第一関門クリアです。

 

ちなみに・・・。

 

なぜ、バンドマンが売れないのか?

売れるためにはどうしたらいいのか?

もう時代遅れ??

いやいやそんなことないよ!

時代遅れとか言ってるバカがいるけど、だったらフェス盛り上がんないでしょうよ(笑)

 

そんなバンドマンなあなたに・・・!↓

 

 

さてさて・・・。

 

 

曲が良くないバンドは売れない

曲が良くないバンドっていうのは、メロディうんぬんの前にバックの演奏がダサいバンド、というイメージで読んでください。

 

これは、えてしてアレンジがダサいバンドがこれに当たります。

 

最も簡単にカッコイイアレンジをする方法

 

これは「弾かなきゃいけないところを探す」という考え方です。

「どこを弾かない」のではなく、「ここは弾かなきゃ!」という思考です。

ベースもそう。ドラムもそう。

 

目立ちたいのはわかるんだが、ボーカルの合いの手になるように目立たなければならない。

ザキヤマみたいに常にウルサイ芸人と、ベストタイミングで最高のボケをかましてくれる芸人だったら、後者の方が面白いし、目立つでしょう?(笑)

そういうことっす。

 

雷僧
バンドのパートごとにどうあるべきか?を考えねばならんのです。
何事も「押し引き」が重要なのですよ。

参考:バンドでのギターの役割を料理で例えてみる

 

歌詞が良くないorひらめかない

歌詞がよくない=聴き手の心に刺さらないってこと。

歌詞が良くない1番多いパターンは、現実味がない。

つまり、あなた自身が適当に言葉を詰め込んでるからそういうことになる。

これはブログもそうだし日頃のSNSなんかも同じ。

 

いいですか?

 

あなたが経験したことや、現実に起こりうることを書いた方が、圧倒的に伝わります。

だって聴く相手も人間だからです。

 

さらに言うと、相手が想像しやすい言葉を使うことが重要です。

どのように想像させてもいい。

何かを連想させることが大事。

 

どういうことかっていうと・・

 

あなたが電車に乗った瞬間にトイレに行きたくなった気持ちを歌詞にしてみる。

 

毎朝8時の急行。

あなたが不意に僕の前にあらわれた。

でも僕は、あなたを振り切って飛び乗ったんだ。

 

ああ…あなたを思うと胸が痛い。

すべてを出し切ってしまいたい。

 

はやく、はやく、あの場所へ…。

停車と同時に僕は走り出すんだ。

あなたと僕だけの、特別なあの場所へ・・・。

 

どうだろうか??(笑)

 

ぱっと見は恋愛を連想する。

でも、僕が言いたいのはトイレに行きたい超ヤバイ状態のことだ。

あなた=便意である。

胸が痛い=本当は腹痛である。

あの場所=当然トイレである。

こんな風に、日頃の日常を書き換えるだけでいかようにでも歌詞なんて書ける。

 

伝える相手を明確に想像する。

 

例えば・・・。

あなたが好き。

というフレーズがあったとする。

これ、万人に届けたいっていうことになると、「あなたが好き」というもの以外に例えようがなくなりますよね?

 

逆に、学校の同級生に向けた歌詞っていうことになると、「隣の席、校舎、部活、ノート、」学校に関連するワードを元にそれと相手への気持ちを掛け合わせることができます。

当然、これを聴いた人が50代とかだったら、ちょっと響かないかもしれません。

しかし、高校生や中学生、そういう人からすれば、ものすごく共感されるわけですよ。

雷僧
簡単に言うと、「例え話」が上手い人って、このような表現が上手かったりするんですよね!
だから、あなたも何かを説明するときには「例え話」をうまく使えるようになってみるのもいいかもしれないですね!

2.コンセプトが無いバンド

コンセプトがない。これが超多いです。

ぼくも、これでクソほど苦労しました。

コンセプトが無いと、何をやってんのかわかんないんですよ。

ビジネス的に考えたら、これが最も売れないバンドの原因かも。

 

ある日、あなたが友達とかにバンドをやっていることを告げます。

 

そのとき、必ずこう聞かれませんか?

 

「どんなバンドやってるんですか??」

 

これに明確に答えられない場合は、あなたのバンドはコンセプトが見えていないということ。

 

あなた
基本ロックでぇ〜
メロディを大切にしていて、sry、、
相手
ほうほう・・・

(とか言いながらスマホを取り出す)

あなた
◯◯みたいな感じのポップロックやってます♪
相手
ふぅーん。

(って言いながらすでにスマホとかいじってる)

 

↑こんなのはコンセプトとは言いません。

 

はいはい。

もう聞き飽きましたよ( ゚Д゚)y─┛~~

 

っていう顔されますからねっ。

 

具体的な解決方法

これは・・・。

ジャンルと全く別のものを掛け合わせること。

 

ロックとスポーツ。

ポップスと、季節。

メタルと高校時代。

 

これら、なんとなーく想像できません??

あぁ、こういう感じかなぁ?みたいな。

 

もっと端的に口で説明できれば最高なんですが、明らかな独自性のコンセプトを持ったバンドっていうのは、やはり強いです。

 

それによって、集客するターゲットがおのずと決まってくるんですよ。

というか、向こうからワイワイ寄ってきてくれるようになります。

結果的に、売れないバンドから、売れるバンドに変身します。

 

コンセプトの作り方

例えば英会話とかでも、文法を覚えましょう!

なのか、単語を覚えましょう!

なのか、発音を覚えましょう!

なのか、色々学び方って違うワケです。

 

これがコンセプト

ここでいうところの、英会話=ジャンルです。

ロックならロックというジャンルで、具体的にどういうものを表現したいのか?

というものが、英会話の「学び方」の方になりますね。

 

ロックでスポーツのことを歌いたいんだ!ってなれば、色々見えてきますよね?

衣装だったりとか、曲調とか、歌詞とか。

 

ロックでエロを表現したいんだ!ってなれば、エロをどこで打ち出すか?

歌詞なのか、衣装なのか、パフォーマンスなのか、色々あるワケです。

 

こんな感じでコンセプトを決めてしまえば、上述したように、今度はそういう音楽を聴きたいターゲットが自然と決まってきます。

 

 

3.一貫してライブがヘタなバンド

ライブがヘタといっても、演奏面とかじゃ無いです。

演奏までひどかったら、通販ギターを買って初めて練習した頃の気持ちからやり直してください。

 

バンドの最大の醍醐味はライブです。

ライブを良く見せるための方法は、これ。

始まりから終わりまでを1つの起承転結で考えること。

要するに、「曲先行でライブを決める」のではなく、「お客さんが飽きないためにどういう構成がいいか?」を考える。

 

 

ライブの見せ方がヘタなバンドあるある。

ちょーーー多いのが、曲間のつなぎのMCやら何やらの「間」です。

たぶんこれ、曲の練習より大事ですよ!

 

要は、曲ももちろん大事なんだけど、見てる側はあなたのステージを一貫して見ているわけ。

ってことは、曲だけ聴きに来ているわけじゃないのよ。

あなたのショーを見に来ているわけ。

 

ラジオで例えたら非常にわかりやすい。

曲ばっかりを流し続けるってことは、パーソナリティが一言もしゃべらずにひたすら曲がかかっている状態ってことです。

こんなの有線と変わらないワケ。

そうじゃないでしょ?

あえてラジオを聴いているのは、その「番組」を聴きたいのだ。つまりMCがなにもなかったら、つまらなかったら、パーソナリティが曲紹介して毎回曲が終わるたびに無言で放送事故・・・みたいなもんですからね?!

 

「そんなラジオ、誰が聴くんだよ!!」

ってこと。

 

ちょーあるあるなのが、これ。

 

曲が終わって楽器陣は逃げるようにチューニングに勤しむ。

その無の空間、MCはボーカルに任せっきり。

んで、ボーカルも恥ずかしいのかなんなのか知らんが、歌い終わった感を出したいのか、「ハァ、ハァ、、ハァ、、」しか言わない。

いやいや、お前の呼吸とか聞きたくないからwwww

 

と思ったら、唐突もなく急にメンバーに「ねっ!◯◯君」とか「今日は調子どうですか!◯◯君」

とか言って、いきなりチューニングに逃げてたメンバーに話を振る。

 

振られた相手は予想外の振りにびっくりして「えっ?!」ってなって、なぜかメンバー間で笑いが起きるという、、、。

そしてそれが面白いと思っちゃってるという大ヤケドMC。

 

↑これ、超多くないすか???w

 

見ててこっちが恥ずかしくなる。

 

MCが苦手な人が喋れるようになるための方法

MCはおとなしくボーカルが喋りましょう。

なぜなら、お客さんは「ボーカルが喋るもの」という先入観をすでに持っているから。

 

これは、慣れでしかないです。

具体的なノウハウは、メルマガ特典のPDFを参考にしてください!



*メールアドレス

さてさて・・・。

4.売ろうと思っていないバンド

これが、売れないバンド全員に当てはまります。

思っていないのではなく、売るための行動ができていないということ。

 

「何言ってるのかわかんないわよ!」

 

って思ったあなたは、

バンドの「お客様化」を止めればライブは100倍良くなる!

という記事を読んでください。マジで。

 

売れるためには、言葉の通り稼げなきゃ意味なし

売れるためには、戦略が必要。

そのための計画やら行動量やら、そういうもんができてない。

 

単に、ライブやってりゃなんとかるっしょ症候群です。

これが重度になってくると、行動すら否定し始めますから。

ライブこそすべて!みたいな。。。

 

合ってるんですけど、それだけじゃ売れないんですよ。

 

具体的な解決方法

あなたの商品ってなんだろう?

あなたの商品を買いたい人って誰だろう?

その人が商品を買うためにはどうしたらいいだろう?

 

これを考えてください。

 

んで、この記事を頭から読み直してください。

 

勘の良い人は、これだけでほぼほぼ問題が解決します。

 

また、バンドがライブに100人を動員させる集客方法10ステップも合わせて読んでください。

これでもまだわからない人だけ、メルマガに飛んできてください。

↓こちらからどうぞ↓



*メールアドレス

メールアドレスを登録後、1分以内にあなたのメールにお届けします!
もちろん、すぐ購読を解除することができますので、ご安心ください。

まとめ

いかがでしたかね??

 

これらのこと、ぜーんぶ、ぼくは経験してきましたよ。

 

だからこそ言えます!

 

曲や歌詞、適当に作っちゃダメです。あなたの商品ですから。

 

どんな人に聴いてほしいのか、見てほしいのか、ちゃんとコンセプトを決めましょ!

 

曲だけやってればライブは成立すると思ったら大間違い!逆です逆!

 

そもそも本気で売ろうとしてますか??

っていう原点を振り返ってみましょう!

 

ってことです!

ではでは!

\ SNSでシェアしよう! /

雷僧(らいぞう)Official Blogの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雷僧(らいぞう)Official Blogの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

関連記事

  • 習いごとに共通する、生徒が通い続けたいと思うたった1つこと

  • ライブで収入を上げられるバンドの考え方

  • 【ギター初心者】GIVEGIVEGIVEです!!

  • やりたくないバンドに誘われたら迷わず加入すべき理由

  • バンドでロックなライブをやるための動画

  • ギターが上手い人と上手くならない人はコレが違う!