売れるバンドマンになるために売れない特徴を4つ覚えておけ。

「バンド 売れる 方法」

あなたもこんなこと検索したことはないだろうか?

ちなみにぼくは何十回と検索した。

 

そんな“売れる”バンドマンになるためには、

逆に「売れないバンドの共通点」を4つ知っていてほしい。

売れない共通点さえわかればあなたのバンドは売れるということです。

 

雷僧
売れないバンドの共通点は、実はかなり単純です。
単純なんだけど、できないんですよ。
なので、それぞれについて簡単に解決する方法を記しておきますね!

 

売れるバンドマンになるために売れない特徴を4つ覚えておけ。

売れないバンドはほぼ必ずこの4つが共通している。

  1. そもそも売ろうとしていないバンド(最重要)
  2. 曲や歌詞が良くないバンド
  3. コンセプトがないバンド
  4. 一貫してライブが下手なバンド

では・・・!

具体的にこれから1つずつ解説していきます。

1.そもそも売ろうとしていないバンド

これが、売れないバンドの最大の原因と言えます。

ライブ動員が少ない、CDが売れないなど、

そういった悩みを抱えているバンドは十中八九これです。

 

売ろうとしていないのではなく、売るための行動ができていないということ。

 

あなた
何言ってるのかわかんないわよ!

 

・・・って思ったかもしれない。

具体的に売る行動を解説します。

✔︎“売っている”バンドになるための必須項目

  1. 検索されるサイトを設計している(最重要)
  2. ウケのいいお客さん層をリサーチしている
  3. お客さんがあなたのバンドの何が好きかを知っている
  4. 自分のバンドの強みを知っている
  5. お客さんをリスト化している(2番目に重要)

 

売れるバンドは必ず「検索されるサイト」を設計しています!

要するに、ホームページと思ってもらえればOKです。

 

あなた
TwitterとかYouTubeじゃダメなの?

 

って思ったかもしれない。

結論、ダメです。

なぜかというと・・・

 

  • SNSだと全部を伝えきれない
    Twitterは140文字だし、
    Facebookは年齢層が結構分かれる。
    やるならInstagramですね。
    で、プロフィールに検索されるサイトを貼ります。
  •  YouTubeは動画専門。
    その場で手軽に知りたい場合は不向き。
    「あとで動画を見よう」とはなりません。
  • そもそも似たようなバンドアカウントと差別化を図れない

 

こういう理由から、
SNSだけでのバンド運営はやめておくべき。

 

今は簡単にサイトを設計できます!

サイトを作る=難しそう

と思ったかもしれませんが、実はすごく簡単です。

 

もっというと企業のようなキレイなホームページを設計する必要もない。

なぜなら、ほとんどの人はスマホで検索するためです。

 

スマホで検索するから、
ぶっちゃけデザインはさほど重要ではない。

 

具体的なサイトの作成手順をまとめた記事を書いたので

ぜひ参考にしてみてください!

【簡単】ミュージシャンが仕事を獲得するためのサイトの作り方

あなたのバンドがどんな客層にウケているかを知る方法

一番簡単な方法としてはアンケートを取ることですね。

 

多分あなたもライブ後にアンケートを取った経験があるかも。

そこで重要なのは「年齢」と「性別」です。

地域は別にどうでもいい。

ライブの感想なんかもその場で書いてもらうのは

お客さんからしたら結構手間だし

バンドメンバーにアンケートを渡すため、
素直に感じたことを書いてもらいにくいです。

 

お客さんがあなたのバンドの何が好きなのか?

これもアンケートで知ることができます!

「今日のライブで一番興味を持ったものは?」

「あなたにとってこのバンドは何が一番気になりますか?」

こんな感じのアンケートを取って、

メンバー、曲、衣装、MC、などなど項目を用意しておく。

これだけで、「何が一番興味を持たれているか?」がわかる。

 

わかりやすい例が、

女性ボーカルのバンドで

「ボーカルがかわいい」っていうやつですね。w

 

もしこの場合なら、

ボーカルがとにかく好かれるキャラ設定をすることが重要
・・・っていうことは考えるまでもないでしょう?

 

そういうこと。

 

自分たちがバンドの強みを知る(作る)

これは、後述する「バンドのコンセプト」がそれです。

バンドの強み=他のバンドよりも優れている点です。

あるいは、他のバンドには無い何かを持っている、など。

 

雷僧
まあ、後半のコンセプトの見出しのところをよく読んでください!

 

 

お客さんをリスト化する理由と方法

ここまで話してきた中で、

アンケートがかなり重要なのは理解できたと思う。

要は、知りたいことを直接相手に聞く手段ってワケ。

 

そのお客さんって、実はあなたのバンドにとって

売れるバンドになるための「ファン」になりうる

とっても大切な人なんだよね!

 

じゃあ、もう一度ライブに来て欲しいでしょう?

 

できれば、定期的にこっちから
情報を届けたいでしょう?

 

そのために必要なのが「リスト化」です。

 

これは相手のメールアドレスがベストです。

 

LINEでもイイけど、

LINEは超日常的なツールのため、ただの友達になりかねない。

やるならLINE公式アカウントを作成するべし。

 

なので総合的に考えると

一線引いてメールがベストです。

つまりメルマガです。

定期配信するメルマガを運営していくと

  • 定期的にアンケートを取れる
  •  YouTubeをアップしたらすぐ見てもらえる
  • ライブの告知にも使える
  • その他配信したい情報を配信できる

こんなメリットがあります。

 

 

売れるためには、言葉の通り稼げなきゃ意味なし

売れるためには、戦略が必要。

 

売れないバンドは、

売るための計画行動量、そういうもんができてない。

 

例えばサイト設計にしてもメルマガにしても

月額で料金がかかります。

とはいってもめっちゃ少額ですけどね。

こういうところに投資できないバンドはまず無理ですよ。

 

バンドの集客として超具体的な記事を書いたので

こちらも参考にしてください。↓↓

本当は教えたくない!バンドが集客に必要な鉄板テンプレートを公開!

もっと知りたい人は、
リストを活用した売れるバンドになる方法「バンドマーケティング2.0」
を、メルマガで配信しています。

メルマガではより具体的に動画で解説しているので

知りたい方はこちらからどうぞ↓



*メールアドレス

メールアドレスを登録後、1分以内にあなたのメールにお届けします!
もちろん、すぐ購読を解除することができますので、ご安心ください。

2.曲や歌詞が良くないバンド

そりゃそうだろってハナシですよね。

 

こりゃ売れないバンドの代名詞です。

こればっかりは、申し訳ないけど、、、センスです。

メロディが良くないのか、バックの演奏のアレンジなのか、リズムパターンなのか。

 

歌詞にいたっては、日記になっちゃダメです。

何を伝えたいのかわからないのに歌ってたら、それはカラオケと一緒です!

 

シンプルでかっこいいバンドって考えた時、必ず出てくるのが、ブルーハーツなんですが、ブルーハーツって、バックの演奏はかなりシンプルです。

が、メロディと歌詞が強烈にインパクトがあるので、歌詞と曲が全部持っていってくれてる感じです。

 

逆に、、、よくあるテクニカル志向のメタルバンドとかって、演奏面は超カッコイイけど、肝心のメロが全然良くなかったり、、日本人のくせにヘタな英語でゴリ押しして何言ってんのかわかんなくて全く響かなかったり、、、っていうことが結構多い気がします。

 

具体的な解決方法

これはもう、100%で客観的に聴けるチカラ

があれば大丈夫です。

あるいは、誰かに視聴させてもいいです。

「これ、うちのバンドの曲なんだけど!」っていう先入観を持たせずに聴かせることっす。

 

自分で聴いて、うおおおおおカッコイイ!!

って思いたくなるのは重々承知なんだけども、、。

 

マジで客観的に聴いてみろ!

自分のギターに酔いしれてる場合じゃありません。

自分の歌詞に涙してる場合じゃありません。

 

普通に聴いて、好きなバンドと交互に聴き比べて、何か「これ!」っていう良い部分があれば、とりあえず売れないバンドから脱出する第一関門クリアです。

 

ちなみに・・・。

 

なぜ、バンドマンが売れないのか?

売れるためにはどうしたらいいのか?

もう時代遅れ??

いやいやそんなことないよ!

時代遅れとか言ってるバカがいるけど、だったらフェス盛り上がんないでしょうよ(笑)

 

さてさて・・・。

 

 

曲が良くないバンドは売れない

曲が良くないバンドっていうのは、メロディうんぬんの前にバックの演奏がダサいバンド、というイメージで読んでください。

 

これは、えてしてアレンジがダサいバンドがこれに当たります。

 

最も簡単にカッコイイアレンジをする方法

 

これは「弾かなきゃいけないところを探す」という考え方です。

「どこを弾かない」のではなく、「ここは弾かなきゃ!」という思考です。

ベースもそう。ドラムもそう。

 

目立ちたいのはわかるんだが、ボーカルの合いの手になるように目立たなければならない。

ザキヤマみたいに常にウルサイ芸人と、ベストタイミングで最高のボケをかましてくれる芸人だったら、後者の方が面白いし、目立つでしょう?(笑)

そういうことっす。

 

雷僧
バンドのパートごとにどうあるべきか?を考えねばならんのです。
何事も「押し引き」が重要なのですよ。

 

参考記事

バンドでのギターの役割を料理で例えてみる

 

歌詞が良くないorひらめかない

歌詞がよくない=聴き手の心に刺さらないってこと。

歌詞が良くない1番多いパターンは、現実味がない。

つまり、あなた自身が適当に言葉を詰め込んでるからそういうことになる。

これはブログもそうだし日頃のSNSなんかも同じ。

 

いいですか?

 

あなたが経験したことや、現実に起こりうることを書いた方が、圧倒的に伝わります。

だって聴く相手も人間だからです。

 

さらに言うと、相手が想像しやすい言葉を使うことが重要です。

どのように想像させてもいい。

何かを連想させることが大事。

 

どういうことかっていうと・・

 

あなたが電車に乗った瞬間にトイレに行きたくなった気持ちを歌詞にしてみる。

 

毎朝8時の急行。

あなたが不意に僕の前にあらわれた。

でも僕は、あなたを振り切って飛び乗ったんだ。

 

ああ…あなたを思うと胸が痛い。

すべてを出し切ってしまいたい。

 

はやく、はやく、あの場所へ…。

停車と同時に僕は走り出すんだ。

あなたと僕だけの、特別なあの場所へ・・・。

 

どうだろうか??(笑)

 

ぱっと見は恋愛を連想する。

でも、僕が言いたいのはトイレに行きたい超ヤバイ状態のことだ。

あなた=便意である。

胸が痛い=本当は腹痛である。

あの場所=当然トイレである。

雷僧
ね!?
こんな風に、日頃の日常を書き換えるだけでいかようにでも歌詞なんて書けるのだ。
雷僧
や、マジですよ、マジ。
歌詞のネタなんてこういう方がリアリティを持って伝えられるのよ。

 

伝える相手を明確に想像する。

 

例えば・・・。

あなたが好き。

というフレーズがあったとする。

これ、万人に届けたいっていうことになると、「あなたが好き」というもの以外に例えようがなくなりますよね?

 

逆に、学校の同級生に向けた歌詞っていうことになると、「隣の席、校舎、部活、ノート、」学校に関連するワードを元にそれと相手への気持ちを掛け合わせることができます。

当然、これを聴いた人が50代とかだったら、ちょっと響かないかもしれません。

しかし、高校生や中学生、そういう人からすれば、ものすごく共感されるわけですよ。

雷僧
簡単に言うと、「例え話」が上手い人って、このような表現が上手かったりするんですよね!
だから、あなたも何かを説明するときには「例え話」をうまく使えるようになってみるのもいいかもしれないですね!

3.コンセプトが無いバンド

コンセプトがない。これが超多いです。

ぼくも、これでクソほど苦労しました。

コンセプトが無いと、何をやってんのかわかんないんですよ。

ビジネス的に考えたら、これが最も売れないバンドの原因かも。

 

ある日、あなたが友達とかにバンドをやっていることを告げます。

 

そのとき、必ずこう聞かれませんか?

 

「どんなバンドやってるんですか??」

 

これに明確に答えられない場合は、あなたのバンドはコンセプトが見えていないということ。

 

あなた
基本ロックでぇ〜
メロディを大切にしていて、sry、、
相手
ほうほう・・・

(とか言いながらスマホを取り出す)

あなた
◯◯みたいな感じのポップロックやってます♪
相手
ふぅーん。

(って言いながらすでにスマホとかいじってる)

 

↑こんなのはコンセプトとは言いません。

 

はいはい。

もう聞き飽きましたよ( ゚Д゚)y─┛~~

 

っていう顔されますからねっ。

 

具体的な解決方法

これは・・・。

ジャンルと全く別のものを掛け合わせること。

ロックとスポーツ。

ポップスと、季節。

メタルと高校時代。

 

これら、なんとなーく想像できません??

あぁ、こういう感じかなぁ?みたいな。

 

もっと端的に口で説明できれば最高なんですが、明らかな独自性のコンセプトを持ったバンドっていうのは、やはり強いです。

 

それによって、集客するターゲットがおのずと決まってくるんですよ。

というか、向こうからワイワイ寄ってきてくれるようになります。

結果的に、売れないバンドから、売れるバンドに変身します。

 

コンセプトの作り方

例えば英会話とかでも、文法を覚えましょう!

なのか、単語を覚えましょう!

なのか、発音を覚えましょう!

なのか、色々学び方って違うワケです。

 

これがコンセプト

ここでいうところの、英会話=ジャンルです。

ロックならロックというジャンルで、具体的にどういうものを表現したいのか?

というものが、英会話の「学び方」の方になりますね。

 

ロックでスポーツのことを歌いたいんだ!ってなれば、色々見えてきますよね?

衣装だったりとか、曲調とか、歌詞とか。

 

ロックでエロを表現したいんだ!ってなれば、エロをどこで打ち出すか?

歌詞なのか、衣装なのか、パフォーマンスなのか、色々あるワケです。

 

こんな感じでコンセプトを決めてしまえば、上述したように、今度はそういう音楽を聴きたいターゲットが自然と決まってきます。

 

 

4.一貫してライブがヘタなバンド

雷僧
ライブがヘタといっても、演奏面とかじゃ無いです。
演奏までひどかったら、通販ギターを買って初めて練習した頃の気持ちからやり直してください。

 

バンドの最大の醍醐味はライブです。

ライブを良く見せるための方法は、これ。

始まりから終わりまでを1つの起承転結で考えること。

要するに、「曲先行でライブを決める」のではなく、「お客さんが飽きないためにどういう構成がいいか?」を考える。

 

 

ライブの見せ方がヘタなバンドあるある。

ちょーーー多いのが、曲間のつなぎのMCなんかの「間」だ。

たぶんこれ、曲の練習より大事

 

雷僧
要は、曲ももちろん大事なんだけど、見てる側はあなたのステージを一貫して見ているわけ。
ってことは、曲だけ聴きに来ているわけじゃないのよ。
あなたのショーを見に来ているわけ。

 

ラジオで例えたら非常にわかりやすい。

曲ばっかりを流し続けるってことは、パーソナリティが一言もしゃべらずにひたすら曲がかかっている状態ってことです。

こんなの有線と変わらないワケ。

そうじゃないでしょ?

あえてラジオを聴いているのは、その「番組」を聴きたいのだ。

つまりMCがなにもなかったら、つまらなかったら、パーソナリティが曲紹介して毎回曲が終わるたびに無言で放送事故・・・みたいなもんですからね?!

 

「そんなラジオ、誰が聴くんだよ!!」

ってこと。

 

雷僧
そして超絶あるあるなのが、これだ。

 

曲が終わって楽器陣は逃げるようにチューニングに勤しむ。

その無の空間、MCはボーカルに任せっきり。

んで、ボーカルも恥ずかしいのかなんなのか知らんが、歌い終わった感を出したいのか、

ボーカル
「ハァ、ハァ、、ハァ、、」

しか言わない。

いやいや、お前の呼吸とか聞きたくないからwwww

 

と思ったら、唐突もなく急にメンバーに・・・

ボーカル
「ねっ!◯◯君」とか「今日は調子どうですか!◯◯君」

とか言って、いきなりチューニングに逃げてたメンバーに話を振る。

 

振られた相手は予想外の振りにびっくりして・・・

あなた
えっ?!?!

ってなって、なぜかメンバー間で笑いが起きる。

 

そしてそれが面白いと思っちゃってるという大ヤケドMC。

 

↑これ、超多くないすか???w

 

見ててこっちが恥ずかしくなる。

 

MCが苦手な人が喋れるようになるための方法

MCはおとなしくボーカルが喋りましょう。

なぜなら、お客さんは「ボーカルが喋るもの」という先入観をすでに持っているから。

 

これは、慣れでしかないです。

具体的なノウハウは、メルマガ特典のPDFを参考にしてください!



*メールアドレス

さてさて・・・。

オマケでもう1つ。見た目に気を使わないバンド

音楽の実践的な部分とは違ってくるんだけど、紹介したい。

僕は今までメジャーバンドから超初心者のバンドまで数え切れないくらい対バンしてきた。

そんな中で、売れてるバンド…つまり動員の多いバンドって、ほとんどがちゃんと身なりに気を使っている

特に顔ですな。これ、マジです。

 

ようするに、別にV系じゃなくてもみんな化粧はしている。

ライブってステージなわけ。

そう、「エンタメ」なんですよ。

雷僧
あなたも友達が役者やってて舞台に誘われたことないだろうか?
その時、みんなドーラン塗ってるでしょう?

スッピンでステージに上がるのって、舞台でドーラン塗らずに挑むのと同じなのだ。

雷僧
特にあなたが、バンドでのスタイルとしてヒゲをポイントにしないキャラ設定なのであれば、僕の残念な話を聞いてほしい。

 

ヒゲを毎回抜きまくった痛み

何を隠そう、僕はヒゲが濃いのだ。

ほっといたらマジで画像のようなことになりかねない。

 

ライブ直前にヒゲを剃っても、いざライブ写真を見てみるとうっすらと青ヒゲになっている。。。

これがホントにイヤでイヤで、ついにこんな荒技に出たのですよ。

それは、ライブ前日にヒゲを毛抜きで抜き切るという所業だ。

 

 

想像してほしい。

 

 

「何千本あるんだよ?!」

っていうヒゲを毛抜きでプツプツプツプツと抜くワケ。

しかも毎回痛い。

エグいほど痛い。

しかも何時間もかかるという・・・。

 

しかしそれでライブをやると、見事に青ヒゲはなくなってキレイな肌で写真に写ることができた。

しっかし時間と痛みを考えるとどうにも費用対効果が良くない。

雷僧
あなたがもし僕と同じ悩みを持っているなら、これを使ってみてください。

こちらの商品です。

すぐには劇的な効果は望めないけど、肌が本当に変わります。

 

 

ではでは!