【簡単!】ギター初心者が絶対に覚えるべきコードは2つだけ!
ギター初心者なんだけど、コードって何??
教則本やYouTubeでコードを覚えたけど、
好きな曲を弾こうとしても覚えたコードが出てこなくて弾けない!
コードって一体何種類覚えなきゃならないの??多すぎて無理…泣。
ギター初心者がまず覚えた方がいいコードがあれば知りたい!
なんなら簡単にコードを弾けるようになる方法を知りたい!
こんな悩みを解決します。
この記事のポイント!
  • コードは覚えただけじゃ応用が利かない。
  • コードはギター初心者のうちに「仕組み」を理解した方が近道。
  • 仕組みを覚えることでコードは簡単に覚えられるし、どんな曲も弾ける!

そもそもギターの「コード」とはなんぞや??

まず、コードっていうものはピアノでいうところの「和音」のこと。

和音をギターでわかりやすくアルファベットで簡略化したものが「コードネーム」といいます。

んでもって、「コードネーム」を省略して「コード」と呼ばれている・・・という感じです。

例)ピアノの左手で「ドミソ」と押さえる→これが和音。(画像参照)

ギターでは「ドミソ」だけが鳴るようにフレットを指で押さえるフォームがある。(画像参照)

これ、ピアノもギターも「ドミソ」だけが鳴っていて、響きはまったく同じなのだ。

要は、「複数の音を同時に鳴らす」ことを和音といい、それをギターで弾く場合「コード」と呼ばれるってこと。

 

ギター初心者が覚えるべきコードは2つだけ!

結論から先に言うと、
1つ目は6弦1フレットで押さえるFのフォーム

差し指で6弦1フレット〜1弦1フレットまでをセーハ。
中指で3弦2フレット、
薬指が5弦3フレット、
小指で4弦3フレット、と押さえる。

 

2つ目は、5弦3フレットから押さえるCのフォーム

人差し指で5弦3フレット〜1弦3フレットをセーハ。
薬指で4弦5フレット〜2弦5フレットまでをセーハした押さえ方。

薬指が反り返らない人は、こんな感じで
中指、薬指、小指でそれぞれ
4弦、3弦、2弦の5フレットを押さえるフォームもありです。

 

難しい、難しくないは一旦置いといてね!!

 

なぜこの難しそうな2つのコードフォームを
ギター初心者が覚えなきゃならないのか?

なぜかというと、
この2つのコードフォームさえ覚えちゃえば、
あなたは好きな曲をコードだけわかれば弾けるようになるからです。

 

教則本でもYouTubeでも、
最初はローコード(開放弦が入ったパターンのコードの押さえ方)
が簡単だからそこから覚えよう!
・・・っていうパターンが多いんだけど

ローコードは応用が利きません。

 

なぜかというと、開放弦が絡んでいるため、
仮にCを覚えたところでそのフォームはCにしか使えないからです。

 

「ギター初心者コードあるある」な悩みがコレ。

あなたが教則本やYouTubeで言われた通り、ローコードのフォームを全部覚えた。

 

しかし・・・!!!

いざコピーしたい曲の譜面を見ると、「C#m」とか「A♭」とか
「♯(シャープ)」とか「♭(フラット)」が付いたコードネームが出てきて、
せっかく覚えたローコードが全く役に立たない!!

 

・・・というパターン。

 

で、「結局コードは何から覚えたらいいんだよ!」

「コードの種類多すぎて覚えられそうにないよ!」

 

っていうことになる。

 

この悩みの答えこそが、上記の「2つのコードを覚える」だけで解決するのだ。

一応ローコードの押さえ方を全部知りたい!という場合は、
ギターの基本コードを動画付きで徹底解説!という記事を参考にしてくださいね!

 

ってことで・・・!

【動画】ギター初心者のためのコードの仕組みを解説

まず、動画を見てもらった方が早いと思うので
時間に余裕のある人は以下の動画をご覧ください。

結論から言うとギターのコードは一番低い音がコードネームになるということ。

あなたが今持っている楽譜(バンドスコア)に、たくさんコードが書かれていると思うけど、
どのコードも共通して「一番低い音」がコードネームになっているはず。

例)一番低い音がソ(6弦の3フレット)だった場合

→コードネームは「G」になります。

例2)一番低い音がシ(5弦の2フレット)だった場合

→コードネームは「B」になります。

 

一応書いておくと、
「ドレミファソラシ」のコードネーム(アルファベット)は
それぞれ「C,D,E,F,G,A,B」です。

 

さて!
ここからが一番重要!

 

このフォームさえ覚えてしまえばギターのコードは楽勝!

どういうことかというと・・・

先ほどの「Fコード」のフォームを見てみよう。

これ、一番低い音は6弦1フレット(ファ=F)ですよね??

わかります?

 

じゃあ、これは?

一番低い音は6弦3フレット(ソ=G)です。

 

見比べたらわかるけど、
指の押さえ方はまったく同じなのだ。

 

つまり、このフォームさえ覚えてしまえば
あとはフレットをそのままグイッとズラすだけで別のコードを鳴らすことができる

 

例えば「A#」というコードが出てきたとしても、
同じフォームを6弦でA#が鳴る位置=6弦6フレットで押さえればいいということ。

 

これが、6弦が一番低い音のパターンです。

 

じゃあ続いて5弦が一番低い音のパターンを解説。

同じく、先ほどの「C」コードを見てみよう。

 

これ、6弦はミュート(弾かない)で、
一番低い音は5弦の3フレットね。

じゃあこの画像はどうでしょう??

一番低い音は5弦の7フレット(=Eコード)です。

で、押さえている指のフォームは同じでしょう??

 

6弦のときと同様に、

このフォームさえ覚えてしまえば
あとはフレットをそのままグイッとズラすだけで別のコードを鳴らすことができるってこと!!

 

 

 

覚えて欲しいポイント

このように一番低い音がコードネームになることは理解できましたよね?

コードネームの役割をする音のことを「主音」といい、
ギター用語では「ルート音」と呼びます。
(「ルート音」を省略して「ルート」と呼ぶことが多いです)

例)6弦5フレットがルート音のコードネームは「A」ということです。

 

6弦ルートと5弦ルートのコードフォームの活用方法

結論から言うと、

12フレットより前のフレット内で
手の上下運動が最も少ない弾き方をするということ。

例)弾きたいコード進行がF→C→Gの場合

もし6弦ルートのコードフォームだけで弾こうとすると
・最初は1フレットに手がいる。
・そのあといきなり8フレットまで手を動かす!
・そして3フレットまで戻る

1→8→3という動きをしなきゃならなくなり、
手の動きが大変・・・!!

これを5弦ルートのコードフォームを混ぜることで、
・最初は1フレットに手がいる。
・次は5弦の3フレットに手が行く。(ココが5弦ルート!)
・で、6弦の3フレットに手が行く。

手の動きだけで考えると、
1→3→3という動きになり、
1フレットと3フレット間しか手を移動させなくて済むワケだ!!

 

補足:なぜ12フレットより前なのか?

これ、理由は単純で・・・

  1. 12フレット以降でコードを押さえるのはフレットの感覚が狭すぎて大変だから(笑)
  2. 12フレットでちょうど1オクターブ上の音になるから。

 

つまり、
0フレット(開放弦)と12フレットの音は同じ音でオクターブ違いなだけなのです。

 

まとめ:ギター初心者のうちは、
まずはこの6弦ルートと5弦ルートのコードフォームを覚えるべし!

いかがだったでしょう?

ギター初心者が陥る「コード覚えたけど曲に活用できない」という悩みは
この内容でほぼ解決できたと思います!

 

なので、ギター初心者がもっとも挫折すると言われている「F」のコード。

実はこれがとっても重要なのだ。

 

Fがなかなか押さえられない!
Fが全然弾けない!

という場合は、
Fコードが難しい!と挫折寸前の初心者が3日後にFが弾けた方法の記事も参考にしてくださいな。

 

補足:コードを簡単に表示してくれる神アプリ

さて・・・

今回の内容は「メジャーコード」と呼ばれるもので

コードネーム(アルファベット)に他の記号が何も付かないコードで解説しています。

例)CとかGとかのこと。

 

次に覚えた方がいいコードネームは「マイナー」と「マイナーセブンス」というコードです!

例)AmとかDm7とかです。

 

【Chord Tracker】ギターコードを瞬時に表示する神アプリ!という記事を読んでくれれば、
マイナーコードやセブンスコードなんかもすぐにフォームが出てきますよ!

 

ではでは!