ギターの基本コードを動画付きで徹底解説!

ギターの醍醐味でもあり、最初の挫折ポイントでもあるコード。

まず、どの教則本でも最初に教えている「ローコード」というものを解説します。

 

まず何から覚えたらいいの?

コードには、例えばCコードなら

C、Cm、C7、Csus4、Cadd9、などなど、色んな「C」があるわけ。

 

これっていうのは、和音の構成音がそれぞれ違いまして、当然響きが変わってきます。

しかし、コードとしてはCのコードなのは変わらない。

なんだかややこしいですねw

まぁ、CはCでも「響きが変わる」という認識でも全然オッケーです。

 

ひとまず、Cの横に何も付かない、いわゆるメジャーコードというコードを、

まず最初は覚えていきましょう!

 

まずはCコード!

 

Cというのは、「ドレミファソラシド」の「ド」のことです。

ということは、Cのコード(和音)だから、「ドミソ」を弾く、、ということですね。

このCコードは超大事です。

まず最初に覚えておきたいコードの一つですね。

人差し指で2弦1フレット、

中指で4弦2フレット、

薬指で5弦3フレット

という押さえ方になります。

ポイントは、6弦は弾かないということ。

続いてDコード!

Dっていうのは「レ」です。

Cと同様に、Dのコードを弾くときは「レの和音を弾く」とイコールになるわけです

人差し指で3弦2フレット、

中指で1弦2フレット、

薬指で2弦3フレット

という押さえ方になります。

 

次はわりと簡単?Eコード!

続いては、「E」です。「ミの和音」ですね。
これは、「ミ、ソ#、シ」という音で構成されています。

押さえ方も簡単なので、取っ付き易いコードの一つです。
ぜひ覚えてしまいましょう!

人差し指で3弦1フレット、

中指で5弦2フレット、

薬指で4弦2フレット

という押さえ方になります。

 

ちなみに、人差し指を取っ払った状態、つまり

中指と薬指だけ押さえた状態をEm(イーマイナー)というコードになります。

これは、ミ・ソ・シで構成されるので、ドから始まるハ長調の時に使われることが多くなります。

逆をいえば、ハ長調(ドから始まる音階ね)の時には、Eコードはほとんど使われません。

なぜなら、ハ長調の音階にEコードの構成音の「ソ#」という音はいないからです。

わかりやすく言うと、外れた音が含まれているから使われない、という感じです。

 

もちろん、厳密には使うことも可能ですが、こんがらがるのでこういう認識でとりあえずオッケーです。

 

さあやってきましたFコード!


さぁ!きましたよ!w

ギターの挫折といえばこの人!っていう感じの、

とにかく最初は苦戦する、Fコードです。

 

Fは、「ファ」ですね。

ファ、ラ、ドの3つの音で構成されています。

このコードがマスターできれば、どんなコードも弾けるようになると言っても過言ではないです。

めちゃくちゃ大変ですけど、ギターを弾くには欠かせないコードになります。

人差し指で1フレットをセーハ、

中指で3弦2フレット、

薬指で5弦3フレット

小指で4弦3フレット

という押さえ方になります。

この、人差し指のセーハがとにかく大変なんです。

これをしながら、他の指を押さえることが、とっても大変なわけです。笑

ちなみに、「エレキギター初心者がFコードをなかなか弾けない理由」

という記事で、なぜFが弾けないのか?と解説してますので、合わせて読んでみてくださいね。

 

 

つづいてGコード!

Gは、「ソ」です。
ソ、シ、レの3つの音で構成されています。

Gは非常に使用頻度の高いコードなので、ぜひ覚えておきたいところです!

小指で1弦の3フレット

中指で5弦の2フレット

薬指で6弦の3フレット

ここで大事なポイントは、

薬指を寝かさない!ということ。

寝かしてしまうと、4〜2弦の開放弦を触ってしまって音が鳴りません。。

動画でも解説していますが、

コードチェンジを考えると、このフォームがベストです。

小指を使わずに、

薬指で1弦の3フレット

人差し指で5弦の2フレット

中指で6弦の3フレット

という押さえ方でもいいですが、Cコードに移る時なんか特に面倒です。

ぜひ、小指を使った方のフォームで覚えましょう。

 

つづいてAコード!

Aとは「ラ」です。
ラ、ド#、ミという3つの音で構成されています。

ちなみにド#を半音下げたドに変えた、ラ、ド、ミという構成音が、
Amというコードになります。
「ドレミファソラシド」という音階では基本的にはこのAmコードが使われます。

小指で2弦の2フレット

薬指で3弦の2フレット

中指で4弦の2フレット

AとAm、両方覚えていきましょう。

 

これもバレーコードで難易度高めのBコード!

Bは「シ」です。

シ、レ#、ファの音で構成されています。

これまた押さえ方が難しいフォームです。。

そして、Fと同じくこのフォームをマスターしてしまえば、どんなコードも押さえられるようになりますので、ぜひマスターしましょう。

補足で、
Amと同様に、「ドレミファソラシド」の音階では、レの#を半音下げた「Bm」というコードがよく使われますので、両方覚えていきましょう!

人差し指で1〜5弦の2フレットをセーハ

薬指(または小指)で2〜4弦の4フレットをセーハ

(または、小指で2弦4フレット、薬指で3弦4フレット、中指で4弦4フレット)

 

で、Bmコードの押さえ方は?

ここでちょっと考えて欲しいんです。

Bコードは「シ、レ#、ファ」で構成されているわけ。

その「レ#」を「レ」にしてしまえば、ハ長調で使われるコードになるわけですよね?

(厳密にはBコードも使えますが、今回はハ長調=ドレミファソラシドの音階に含まれていない音を、

含まれる音にするにはどうしましょう?っていうことを解説していますのであしからず、、。)

 

ということはですよ。

 

レ#を押さえている指のフレットを半音下げれば(1フレット下げれば)いいってことです!

そうなると、2弦4フレットを2弦3フレットに変えればオッケーです。

人差し指で1〜5弦の2フレットをセーハ

小指で3弦4フレット、薬指で4弦4フレット、中指で2弦3フレット

っていう押さえ方になりますね。これがBmコードです!

 

まとめ

いかがだったでしょうか??

 

この記事のコードを全部マスターすれば、メジャーコードはもうバッチリです!

特に、FとBがマスターできれば、マジでバッチリです!

それはコードの仕組みの記事で書いた通りで、

この2つのフォームさえ覚えれば、

縦横無尽にフレット移動してどんなコードでも弾くことが出来るようになるからです!

Cコードのところにも貼りましたが、こちらですね。

 

この記事だけで一通りのメジャーコードは網羅できるかと思います。

 

ではでは!