1. TOP
  2. ギター
  3. ギター初心者が上達する為の知られていない練習方法とは?

ギター初心者が上達する為の知られていない練習方法とは?

こんにちは、雷僧です。

 

さてさて、

 

ギターは筋トレである。

 

 

おいおい何を言っているんだ??

 

と思うかもしれませんが、間違いなく筋トレと同じです。

 

いや、だからさ、

じゃあ何だっていうのよ??

 

ということを、これから説明していきますね。

 

エレキギターと体の影響

と、大層な見出しで偉そうなことを言うつもりはないんですけどね。

 

要するに、楽器ってものは体に染み着くものなんです。

だから、早い年齢のうちに始めた方がいいっていうのも事実ではある。

ほらみろ!私(おれ)20代だし手遅れじゃないか!

いやいや、そんなことはございません。

 

もちろん20代は10代に比べて体の覚えは弱いかもしれません。

筋肉の付き方とかも違うと思います。

 

でも、ちょっと考えてみてくださいな。

 

あなたはライザップのCMとか見たことありますよね?

とてつもない変化を遂げてますでしょ??

しかも20代どころか、40代、50代とかも。

もちろんあの体を維持することが大変なんだろうけど。

 

でも、正しい鍛え方をすれば、早い段階であんな体つきになるってことじゃないですか。

 

ギターも筋トレと同じと言いましたよね?

 

つまるところ、

正しい練習方法をこなしていけば、まず間違いなく早い段階でギターは弾けるようになるんです。

 

はい、さっそくいきたいと思います。

 

始めて間もない初心者であればあるほどメリハリが大事。

 

筋トレと同じ感覚で考えてください。

 

別にたいしたことを言うわけじゃないんです。

 

手(指)を痛めつけて、しっかり休む。

これだけです。笑

 

まぁ、これじゃイマイチ伝わらないですよね?

 

よく「ギターは毎日触った方がいい」と言われていますが、決してそんなことはないんです。

もちろん楽しくて楽しくてたまらないなら毎日触っててもいいです。

でも、メリハリが大事なんですね、楽器というものも。

 

もしあなたが、これから筋トレを始めたいとします。

腕立て伏せが超好きで毎日やりたいとします。

もちろんやり慣れてる人は毎日やった方がいいです。

しかし、初心者が無理に筋トレをすると、逆効果ですよね?

単に体を痛めるだけ。

 

だからギターも、始めのうちは弾く、休むを効率的に繰り返した方が成長が早い、ということです。

いちいち証言はとってませんが、私が教えている、あるいは教えていた20代の男女にこのことを聞いてみると、

「あぁーたしかにそうです。」

「なんか、弾けるようになってました!」

こんな回答ばかりが返ってきました。

 

具体的にどのくらい痛めつけるのか??

これは、時間というよりは体感です。

私がこれは実証済みで、

ある日レコーディングで何回やってもOKテイクが録れない日がありました。

本当は20時頃から始めて、22時には帰宅する予定だったんですよ。

それがまさかの翌朝10時近くまでかかりました。

しかもOKテイクが録れなかったという失態。

(まぁ、メンバーの家でDAWをつか使ったレコーディングだったのでお金の心配はなかったんですがね。。)

 

なんでOKテイク終わってないのに10時に帰ったか?

これは、私の手(指)が、もう疲労の限界で動かなくなったからです。笑

 

つまり、疲れてもう動きません!っていうくらい、集中的に指を酷使するということですね。

 

休める期間は??

その時のテンションったら、もう、、

ギターしばらく見たくねぇわぁ。。。

っていう感じですよね。。

てことで、次のレコーディングまで、私は一切ギターを触りませんでした。

 

その間1週間〜10日は経ってたと思いますが、再度地獄のレコーディングへ。

 

別にたいしたことを弾くわけじゃないんですよ。

シンプルなコード進行をグルーヴにガッチリ乗った演奏っていうのが思いの外難しいんです。

 

そしていざ!再挑戦。

これが、あっけなくOKテイクが出たんです。

指も体も、なんかスムーズに動くんですよ、これが。

でも、さすがに1週間とか経つと、弾き始めは若干おぼつかないんですが、

慣れてきた途端に、一気にギアが入ります。これマジです。

 

 

エレキギター初心者の20代がやるべき練習方法まとめ

まぁ、本当にシンプルでこんな長々とお伝えする必要もないのかもしれませんが、

毎日なんとなく弾くよりは、

弾く日・弾かない(弾けそうもない)日をしっかり作る

ということです。

 

私はLUNA SEAのSUGIZOさんのギタープレイが超好きなんです。

SUGIZOさんの昔の話とかを聞いてみると、

「肌身離さずギターを持っていた」

「気づいたらギターを抱いたまま寝てた」

いやぁーーー、、、さすがです。

これを聞いてあなたは、

 

おいおい!毎日ギター触ってんじゃないか!

 

って思いましたよね?

ここで誤解を生みがちなのが、

決して毎日弾いてるわけじゃないはずですよ、ということです。

あの人くらい凄いギタリストなら、まあ間違いなくギターを弾き倒したでしょう。

そしたら当たり前ですけど指が疲れますって。

疲れてるのに毎日弾くほどアホではないはずです。

 

つまり、表現だけ聞くと「毎日死ぬほど弾いてる」っていうイメージですが、

決してそんなことはないはずです。

指が動かなくなるまで弾いたら、さすがに休むはずです。

 

ですから、、、

『毎日1時間!めっちゃギター弾いてまーす!』

『わたしめっちゃがんばってまーす!』

『でも、指全然痛くないでーーす!』

 

って人は、ちょっとやり方変えてください。

っていうか、指が動く、痛くない、という時点でがんばれてないぞ!!ってことです。

その練習を毎日やってもあまり成長は早くないのです。

 

今日指がクタクタで動かない。コップとかも持てそうにない!

っていうくらい弾き倒して、

もうむり、当分ギターいいわw

っていうくらいしっかり休む。

 

あなたがギターを弾きたい!という思いが強いなら、ぜひ試してみてほしいです。

 

ではでは!

 

\ SNSでシェアしよう! /

雷僧(らいぞう)Official Blogの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雷僧(らいぞう)Official Blogの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

関連記事

  • 【ギター初心者】が5分でわかるコードの仕組み

  • ギター初心者の練習で陥りがちなこと

  • 【ギター初心者】コード弾き上達のためには練習してはいけない!

  • バンドでのギターの役割を料理で例えてみる

  • 【ギター初心者】テンションでギターの音もスキルも変わります。

  • バンドにおいて生き残るギタリストとそうじゃないギタリスト