ギターが上手くなるコツは余計な音を出さないことがポイント!
ギターが上手くならない人
ギターがいつまで経ってもうまくならない…涙
かれこれ10年はやってるのに、
上手い人と比べるとなんかこう…違うんだよなぁ。
何が違うの??
上手くなりたいんだけど・・・。

こんな悩みに答えます。

この記事で得られること。
  • ギターが上手くなるためのポイントがわかる。
  • ギターが上手くなる練習方法がわかる。

ギターが上手くなる(聞こえる)ためには
「余計な音を出さないこと」が最大のポイントです!

あなたもそうかもしれないが、
ギターが上手くならない人は

  • 狙った音が出ない
  • 逆に余計な音が鳴る

ほぼこの2つに絞られる。

で、実は後者の方が圧倒的に多い。

 

つまり、
ギターが上手い人、上手くならない人の分かれ目となるポイントは
余計な音を出さない演奏がとっても大事。

 

なぜなら、弾いてみた音を録音して聞いてみればわかる。

狙った音が出ないことよりも
なんだかよく分からない音がボワーッと鳴り続いている方が問題だからだ。

なぜ問題かと言うと、
ギター単体で演奏するよりもバンドのように様々な楽器と一緒に演奏することが多いでしょう?

その際に、ギターが余計な音を出していると
それは不協和音という音になってしまう。

結果として、
バンドアンサンブル自体にも悪影響だからだ。

 

雷僧
特に、ライブなどでディストーションやオーバードライブを踏んで音をガンガン歪ませて弾く場合はモロに影響が出るのよ。

ギターが上手くなる練習方法:「いかに音を出さないか?」を心がけよう。

ちょっとこの動画をご覧いただきたい。↓

この動画は、Dコードのローコードポジションを解説した動画です。

んで、Dのローコードで例えると・・・

Dコードは「6弦と5弦は弾かない!」ですよね?

ギター初心者にあるあるなのが、
どうしても6弦とか5弦が「ボォーーン」と鳴ってしまう。

コレです!!

  • 狙った音が出ない
    ↑これはコードを押さえる指の押さえ方や指・手首向きなどで解決できる。
  • 余計な音ばかりが鳴る
    ↑これは結構おざなりにしがち。
    上手い人は余計な音をまったく出しません。
    ココが最も上手い・下手の差が分かれます。

押さえる指ばかりに意識が行きがちだけど
実はどれだけキッチリと音をミュート(音が出ないように)できているか?

こっちの方が大事なんです!!

つまり、いかにミュートできるか?がポイント。

 

ギターが上手くなる(聞こえる)ミュート練習方法

  • 親指で6弦を触れる人は、6弦は親指で触れることでミュートする
  • コードを押さえた指以外の指の力を抜く例)Gのパワーコードを弾く場合
    人差し指で6弦以外の弦をミュート(1ミュート目)
    小指or薬指の第一関節以降の部分で4弦以降をミュート(2ミュート目)
    ↑このように人差し指で1回、小指で2回、同じ弦たちをミュートしているから
    かなり高確率で音が出ないことに成功します!

以下がその参考動画です。↓

まとめ:ギターが上手くなるコツは狙った音を押さえるよりも
不要な音をしっかりミュートできているかが大事!

いかがだったでしょうか??
ミュートの重要性と、
実際にガッツリとミュートする押さえ方もわかったと思います!
あくまでこれは、
ギターが上手くなるコツの1つ。

その他にもギターが上手くなるためのコツを知りたい方は、

ギターの上手い下手が分かれる【決定的】な3つの特徴とは?という記事もぜひ参考にしてください。

ではでは!