One Control Chamaeleo Tail Loop MKII
ループスイッチャーのOne Control Chamaeleo Tail Loop MKII が気になってて、
使った人の感想を知りたい!
なぜこのスイッチャーにしたのか知りたい!
っていうか、そもそもスイッチャーってあった方がいいの?値段に見合うもんなの?
One Control Chamaeleo Tail Loop MKIIのデメリットは??

こういった疑問に答えます。

本記事の内容
  • One Control Chamaeleo Tail Loop MKII
    を使った感想をメリットデメリット全て話します。
  • 数あるスイッチャーから
    Chamaeleo Tail Loop MKIIを選んだ理由
  • スイッチャーは絶対にあった方がいいです。

実は、僕は長いことループスイッチャーを使っていませんでした。

結構その場のノリでエフェクターの踏み間違いもなんとか乗り切ってきたタチです。

 

しかし、とあるライブをやると決まった時、どうしても完璧な音を作りたい!

・・・ってことで、いい加減ループスイッチャーを持ってみてもいいのでは?

と思ったことがきっかけ。

 

そんな気持ちになってからはもう・・・
見た目的にも機能的にも、どうしても欲しくなってしまったんですよ。(笑)

 

雷僧
個人的に思うのは、
やっぱり足元も自分の目指すギタリストのようなカッコいいボードを組んだ方が、やる気も倍増する。
だから、そういうところはミーハーでもいいからちゃんと揃えていいと思うのです。

ってことで、色々なスイッチャーを見てみる中で即決したのが、「One Control Chamaeleo Tail Loop MKII」でした。

以下、実際にライブで使った感想をメリット、デメリット合わせて解説していきます!

雷僧
実際ライブでは音のスイッチングは大成功でした!

【メリット】ループスイッチャーOne Control Chamaeleo Tail Loop MKIIを使った感想

実際僕はこのように接続しました。

繋いでいるエフェクターと用途

  1. メインの歪み
  2. ギターソロ用のブースター
  3. 空間系群(フェイザー、オクターバー)とクランチサウンド用の歪み
  4. ペダル群(ワウ、ボリュームペダル、ワーミーペダル)
  5. ディレイ

④のペダルプログラムは全スイッチにON。

 

メリット1:「BUF IN」というインプットが素晴らしい

ライブでギターを弾く場合、
ギターに繋ぐシールドは最低でも3〜5mは必要。
(いうまでもなくステージで動きやすくするためね)

しかし、やってみればわかるが
1mケーブルと
10mケーブルでアンプから出る音は
ビックリするくらい音が違います

マジで、ボリュームとボリュームFULLっていうくらいの音量差が出る。

そのくらい、バッファーって重要な役割なんですよ。

その機能が付いているだけでも金額的に安すぎます。

 

バッファー単体で買うと1〜3万円くらいします。


これがループスイッチャーのインプットに付いているのは、
個人的には最強でした。

 

メリット2:「幅を取らない」というのは実はかなり重要

ループスイッチャーを使う最大の理由って
足元をワンタッチで複雑なエフェクターの切り替えを一瞬で切り替えること。

つまりあなたも、ループスイッチャーを買うか迷っているということは
少なからず足元にはわりと多くのエフェクターが並んでいるはず。

そんなあなたの足元のエフェクターボードの
半分以上をスイッチャーだけで埋まってしまったら本末転倒じゃない??

 

ドームとか武道館みたいにステージがめちゃくちゃデカイ場合は足元にボードを2つ置けばいい。

しかし一般的なライブハウスでは極力足元はコンパクトにすべき。

 

そうなってくると、Chamaeleo Tail Loop MKII以外のスイッチャーはデカすぎる。

例えばプロ御用達の「Providence PEC-2 エフェクトループコントローラー」

これを使いこなす場合、
エフェクターも必然的に10個以上は使っていると思う。(笑)

そうなってくると、
とてもじゃないけど一般的なライブハウスでは場所を取りすぎる。

雷僧
普通にライブをやるだけなら、
ここまで組み込まなくても十分対応可能だと断言したい!

その点Chamaeleo Tail Loop MKIIは非常に小型で440(W) x 56(D) x 38(H) mm。

特に縦幅が大きいと困るのよ。

小型で5スイッチ以上をプログラムできる点が個人的には買いでした。

【デメリット】ループスイッチャーOne Control Chamaeleo Tail Loop MKIIを使った感想

正直デメリットというデメリットはなかった。。

が、強いていうならこのくらい。

  • スイッチごとの間隔が狭い→ごく稀に踏み間違える。
  • サイクルタイプのバンク切替は面倒であまり使わない。
  • ランプだけの操作性は慣れないとちょっとミスりがち。

とはいえ、こんなものは僕自身が気をつければいいだけなので、
デメリットなんて言うとメーカーに失礼に当たるレベルだけど・・・(笑)

スイッチごとに蛍光テープにマジックでわかりやすいマーキングをしておけばいいし、
バンク切り替えといっても1曲中に5種類以上のスイッチを使うことってあんまり無い。。

ってことで、、、
デメリットを色々考えてみたけど、一般的なライブハウスでライブをやる分には
特にデメリットはないという結論になってしまいました。。

数あるスイッチャーからOne Control Chamaeleo Tail Loop MKIIを選んだ理由

ぶっちゃけてしまうと、以下の通り。

  • 金額的に高くなく安価すぎない
    安すぎるスイッチャーはやっぱりコワイ。
  • 幅を取らない
    メリットに書いた通りで、
    足元はなるべくコンパクトにしたかった。
  • 最低でも5スイッチ以上は欲しかった
    過去にA、Bの切り替え程度のスイッチャーを使っていた時
    とにかく「あと2〜3スイッチあれば…」という後悔があったから。
  • メーカー的な信頼度の高さ

このあたりですね。

上位モデルの「Caiman Tail Loop」という製品もあるんだけど、
単純に金額で選びました。

あと、15種類のプログラムができれば十分すぎるからです。

よっぽど音の切り替えが頻繁じゃない限り
10種類もあれば十分です。間違いない。

 

・・・っていうことで、Caiman Tail LoopではなくChamaeleo Tail Loop MKIIにしました。

 

【断言】スイッチャーは絶対あった方がいいです。

なぜそう言えるかというと、
これから「配信ライブ」という形式が多くなってくる。

そうなってくると、
生ライブ以上に音の切り替えはシビアになるから。

だって視聴者は「動画」であなたのライブを見るワケだから
必然的に音のごまかしが効かなくなるんですよね。

 

まとめ:買うなら早い方がいいです!

いかがだったでしょうか??

 

スイッチャー買おうかどうしようか迷っているなら、
一度買ってから後悔しても十分元が取れるレベルでChamaeleo Tail Loop MKIIは優良ですよ!

バッファーを買わなくて済むことと、
幅を取らないという2点は
個人的には2万円代で買えるなら迷う理由がないです。

 

そして補足すると、

僕がそうだったように、あなたも迷っているなら近い未来必ず必要になります(笑)

必要になるし、
絶対に欲しくなります。(笑)

 

だったらさっさと買って、
エフェクターボードを自分好みに作り上げる方で悩んだ方が時間が有意義。

これ、体験談だから間違いないです。

 

ではでは、素敵な音創りライフを!