1. TOP
  2. ライブ
  3. バンドがライブを無料でやることの落とし穴

バンドがライブを無料でやることの落とし穴

こんにちは!雷僧です。

 

はい。今回はタイトルの通りですが、、

バンドがライブを無料でやってしまうことの、恐ろしい結末をお届けします。

 

[char no=”1″ char=”らいぞう”]

たぶんあなたも、「バンド ライブ 無料」

な〜〜んて検索しちゃってたりしませんか??

[/char] [char no=”2″ char=”あなた”]キミはおかしなことを言うねぇ!

お金かからない方がいいに決まってんじゃない![/char]

 

って感じですよね。

 

 

リスクを回避するというリスク

これはどういうことかというと、

 

リスクから逃げ続けることの方が、はるかにリスクであるということ。

 

まだ、いまいちわからないっすかね?

 

リスクから逃げ続けるということは、

小さなことでも、極力失敗しない、

あるいは、極力ダメージを受けない手段を取り続けるということです。

 

[char no=”4″ char=”あなた”]え?いいことじゃないか!

失敗もしないしダメージも受けないんだろ?最高じゃねぇか。[/char]

 

って思うかもしれませんけど、

結局それだとあなた自身の成長が皆無ってことですよ!

 

つまり、今のあなたの状態がどんな状態か知らないけど、

今の状態で失敗しない、ダメージ受けないってことは、、、

今以上に成長する必要がないということでしょ?

 

つまり、、、

今のあなたで戦って倒せる敵としか戦わないってことです。

RPGゲームで例えたら、あなたのレベルが50だとして、

レベル30〜40でちょうどいい敵とばっかり戦ってるイメージ。

雑魚ばっかり倒して、満足しちゃってる感じです。

 

でも本当は、レベル90は無いとまともに戦えないボスみたいな敵に挑戦して、

ボロクソにやられて、

どちくしょう!って、どんどんレベル上げていって、ボスを倒すでしょう?

 

バンドのライブもこれと同じです。

リスクから逃げてたらなんの成長も無いんですね。

 

無料ライブがダメな理由

参考記事

【ギター初心者】無料にこだわる奴はバンドもギターも成長しないよ!

 

無料ライブって、どんなものだろう??

 

すぐ思いつくのは、ノルマが課せられていないライブってことですよね。

 

ライブのチケットというのは、

あなたのライブ、あなたというバンド、そのものの価値を金額に表したものと考えればわかりやすい。

 

つまり、無料ってことは、

あなたのバンドは1円の価値もありませんと言っているのと同じです。

 

って言うとね、こういう反論が返ってくるんですよ。

 

[char no=”5″ char=”あなた”]

いやいや、私のバンドはね、

ノルマ無しでもいいから出て欲しい!

って頼まれてるの!

[/char]

とか、

[char no=”2″ char=”あなた”]え?ノルマ無くたってチケット代は有料なんだから、

私のバンドの価値は0円じゃなくないですかぁ〜?[/char]

とか。

 

1こ1こ説明しよう!

 

チケット代のかからないフリーライブ

これはどういう時に開催されるかというと、

まあ、要はお祭りですよね。

 

〇〇公園とかで夏にイベントとかやってて、野外スペースでライブなんかがあって。

そういう時って、お客さんはイベントの一環でライブを楽しめる、みたいな。

 

これに対して、あなたのバンドが価値が0か?と言われたらそうじゃないです。

お客さんを楽しませることができるバンドが選ばれるわけだから、

主催者側としてみたら、あなたのバンドが選ばれたってことは、

あなたのバンドが出ることによって、お客さんは喜んでもらえるだろう、という、

 

お客さんを満足させられるだけの価値を持ったバンドという評価だからです。

 

こういうのは全然オッケーです。どんどん出ましょう。

 

ここで必ず現れるおバカなバンドはこれです。

出演費すら払いたがらないバンド

 

主催者側がどのように費用を算出しているかにもよるんだけど、

たいがいこういうパターンは、出演費とかがかかることが多いですよね。

 

それを払いたく無いから出演しない

っていう結論を出す奴らが多いです。

こういうバンドは必ず結果も出せないまま解散します。

 

なぜか??

 

こういうフリーライブっていうのは、あなたのバンドをより多くの人に見せるための

広告の場と考えればわかりやすいです。

 

いろんな会社が何千万という広告費を突っ込んでCMやら雑誌掲載やら、

色々広告を打ちますよね?

それと同じです。

あなたのバンド自身が出張って、出演費(広告費)を払って、

たくさんの人がいる場所でライブをやって、

「へぇ〜〜、こんなバンドいるんだね!かっこいいね!」

って、思ってもらって、認知度を上げるためにやるわけですよ。

 

だから、こういうときの出演費っていう問題にぶち当たった時は、

迷わず払って出演っていう決断をおすすめします。

とはいっても、時と場合を考えてね。

大してお客さんが集まらなそうなイベントなのに、

出演費5万円!とか、そういうのはボッタクリです。

 

ぼくのバンドが、過去に新宿ステーションスクエアという、

JR新宿駅東口、旧アルタ前の超人目につくスペースでライブイベントをやったことがあるんです。

この時はとんでもない数のお客さんにたくさんのバンドのライブをお届けすることができたんだけど、

このイベントの出演費用はなかなかの金額でした。

結構敷居の高いライブハウスのノルマくらいはありましたね。

 

仮にこのイベントと同じ金額で、、、

 

そうだなぁ、、、じゃあ、地方のスーパーの屋上のイベントとか?

そういうところでイベントやったら、当然おかしな話になってくるので。。

 

ちゃんとあなたのバンドメンバーで、そのイベントをリサーチして、

妥当だと思えるイベントには積極的に出演しましょうd(ゝ∀・*)

 

チケット代があるのにノルマが無い

これはこういうパターンが多いです。

・すでに出演枠(ノルマを取るバンド)が決まっていて、

出演バンドが少なくて、無料でもいいから適当に呼べそうなバンドを呼んでみたパターン

例えば4バンド決まっていて、そのバンドたちのノルマだけでライブ自体が赤字を免れることが確定していて、時間的に出演枠が足りない。

しかしノルマを提示して出演してくれるバンドがもう集まりそうに無いから、

「ノルマいらないから出てよ!」って言ってくるパターンですね。

 

・何かしらのキャッシュポイントが別枠で確保できていて、

出演バンドにノルマを課せる必要が無いパターン

これは一番本来のライブに近い図ですな。

そもそも、バンド自体にノルマというものを設けて売り上げを上げるということ自体がおかしいわけで。

これは、「バンドの「お客様化」を止めればライブは100倍良くなる!」という記事で詳しく書いています。

 

・完全にライブイベント失敗で赤字確定。

もう好きにしてくれ状態で、とりあえず出演バンドだけでも集めないとカッコがつかないパターン

もう、言葉の通りですw

完全にバンド集めをしくじったパターンですね。

 

この場合、2番目以外は、ほとんど付け焼刃でクオリティ問わずバンドをとりあえず集めました感が否めないのです。

 

 

さて、、

 

ここまで書いてみて、こう感じませんでしたか?

 

[char no=”4″ char=”あなた”]ん?別に無料ライブってこととあんまり関係無くないか?[/char]

 

って。

 

言ってしまえば、関係ないんです。

 

というのも、もっと本質的なマインド的な部分のお話だからです。

 

冒頭に書いた、「リスクを回避するということ自体がリスク」で言ったように、

 

何でもかんでも無料無料無料、、、っていう思考でいってしまうと、

お客さんからお金をいただいて、お客さんは自分たちのライブを観てくれている

っていう感謝をまず忘れます。

なんのためにやってんだよ?ってことになります。

 

また、

無料=自分たちにノルマが発生しないライブばかりを選んでいると、

結局お客さんを呼ぶ能力、つまるところ集客力やセールス力が身に付かなくなる

っていうことなんです。

 

これが、無料ライブをやってはいけない理由です。

 

 

感謝の念を忘れた奴らってのは、

いつか必ずしっぺ返しがきます。まず間違いなく。

だって、観てくれたお客さんに「ありがとう」っていう感謝ってさ、

自分で売ったチケットを買ってくれて来てくれたお客さんと、

自分たちは一切売る努力ナシで、たまたま観てくれてたお客さん。

どっちに心からありがとうが言えますか?

っちゅーハナシなんですわ。

 

そんな奴がね、

 

自分らのチケットすら売ることができない、

ファンを集められない、

そんな状態で何年もバンド活動してみなさいよ。

 

すっっごい惨めな結果が待ってますよ。

 

ぼくの知り合いにもいます。そういうバンド。

 

もう何年もやってるのに、一向に動員が増えない。

でも、解散することもなく、自分らだけ満足して終わるという。。。

 

そういう奴らにこういうことを話してもムダなんですけどね。

[char no=”2″ char=”あなた”]はっはっは!

僕らがライブできればいいのさ!

別に動員とか気にしてねぇし![/char]

みたいな返答が返ってきます。

 

それが本心ならそれでもいいけどさ、、

なんか、、サミシクナイデスカ?って思うのです。

 

 

まとめ

無料ライブばかりを求めるバンドが何がダメかって、

シンプルに言えば、

その根性がダメってことですw

 

それじゃあ、いつまでも成長しません。

 

バンドで食っていくんだ!みたいな、メジャーデビュー志向なバンドなら、

バンド活動=ビジネスとして活動していかねばならないのです。

 

もっといえば、「ライブ」自体もしっかり選びましょう。

 

あなたは農家で作られた大根。

自分自身をどこで売ってもらうのが、一番美味しそうな大根、高級そうな大根に見られるだろうか?

それは、置かれる八百屋さんのクオリティで決まるでしょ?

 

大根=バンド

八百屋=ライブハウス

 

ってことですw

この話は、

・「【ギター初心者】ライブハウスはきちんと選べ!

・「ネットビジネスから学ぶバンドの動員を上げる方法

 

このへんも参考にしてくださいなd(ゝ∀・*)

 

ではでは!

 

 

\ SNSでシェアしよう! /

雷僧(らいぞう)Official Blogの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雷僧(らいぞう)Official Blogの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

関連記事

  • バンドのライブは失敗がキモである。

  • ナルシストのススメ(笑)

  • ライブ前に◯◯をやっておくと本番でうまくいく!3選

  • バンドのライブも音源もこれからは参加型の時代

  • ライブハウスで100人お客さんを呼ぶ方法

  • ライブハウスに出演する方法|初心者バンドが絶対に困らない手順!