ギターを弾くときの「力まない!リラックス!」はウソ?!

こんにちは!雷僧です。

 

あなたがギター初心者だったとして、、

どんな練習法をしてますか?

 

というか、、

 

どんな練習法を教わりましたか?

 

ぼくは、ギター上達のキモは、体の構造の理解が重要で、

ギターってのは筋トレと同じなんだということをよく言います。

 

はい、さっぱり意味不明ですよね!

 

しかーし!

 

実はあなたも、そしてぼくも、教則本の言われるままに、

ずーーーっと間違った練習法を実践していたんですよ。

 

力まない、リラックスはウソ。

あなたも聞いたことありません?

 

ギター初心者が練習しまくってて腱鞘炎になって結果的に全然ギターを触れなくなった、、みたいな。

 

なぜ腱鞘炎になるのでしょう??

当然、普段使わない筋肉を使ってるから。酷使しているからですって。

 

つまり、力まないっていうわけにはいかない部分があるということ。

 

んーーー、力むっていう言葉がよくないかも。

「力を入れる」の方が近いかな??

 

例えばストローク。

一番わかりやすいのは、

手を洗って、水を振り払うときに手首をブンブンッて振って水を払うでしょう??

あの動きをギターの弦のところでやればいいだけなんですよね。

 

ちょっと、実際に今やってみてくださいよ、手首ブンブン。

 

こんな感じですよーー(´ω`)

 

さあ!あなたも一緒に!

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

・・・

 

 

で、だ。

 

ブンッ!って最初に振る時って、力入れません?

 

っていうか、力入れなきゃ無理でしょ。

 

大事なのは、手首の部分に力を入れるのではなく、

肘付近の筋肉を使って、そこに力を入れて、ブンッ!って振るわけ。

手首自体は力を入れてない(力んでいない)から、手首が自在に動くでしょ?

ここに力が入ってたら、肘から手までが1本の棒みたいになりますもんね?

 

ってことです。

これが、ギター初心者がやらかす第一発目のあかん練習法です。

 

速弾きも実は力が入ってるのだ

速弾きこそ、リラックスなんかして弾けたもんじゃないですって。

 

試しに、思いっきり速く弾こうとしてみてくださいな。

 

当たり前だけど、手首なんか使ってる場合じゃないでしょう??

 

親指と人差し指の動きだけで速弾きをする、、みたいな教えも聞いたことがあるんですが、

じゃあ実際それをやってみてくださいな。

こんな感じの動きで、速弾きをする、、ということなんですが、、、

 

限界ありません??汗

 

ダメじゃないけど、イングヴェイみたいな速弾きはかなり難しいっす。

 

じゃあ、

改めて、、試しに思いっきり速く弾いてみてください。。

 

手が痙攣したような動きになりませんか??

 

もちろん力は入っているけど、これが一番速く動きませんか??

どこに力が入っているかというと、

肘あたりの筋肉ですね。

 

そこにグッと力を入れると、手先がプルプル、、って痙攣するんですよ。

これを用いたピッキングが、実は一番速い。

 

まとめ

ってことで、、、

 

ギター初心者がやっちまいがちな練習法は、

実は違うんですよ!ということです。

 

リラックスしたら、弾けるもんも弾けないんだぞ!ってことです。

力が入っているのはダメとかよく言われますけど、

力を入れる部分が間違ってなければ問題ありません!

 

ではでは!