【学校に行きたくない!】いじめを解決した僕の実体験を話します。

学校でいじめられている。
毎日学校に行くのが嫌でたまらない。
親に何事もないように振る舞うのも嫌だ。
なんでこんなことになったんだろう・・・?
どうすればいじめから解放されるんだろう?
学校は楽しいはずなのに、なぜ私は…。涙

こんな悩みに答えます。

この記事の内容
  • 僕のいじめの実体験と解決方法
  • いじめの“根本的”原因
  • いじめの“直接的”原因
  • いじめられなくなる方法
  • やっちゃダメな方法

なぜ、あなたがいじめられるのか?
まず言っておきたいことが、

「あなたは何も悪くない」ってこと。

よく、「いじめられる側にも問題がある」
なんてことを聞くよね?
しかしそれは違う。

僕自身が、いじめられた経験がある。
はたまた、いじめた経験もある。

そこらへんの実体験も踏まえてお話ししたい。

学校に行くのが嫌だった、いじめを解決した僕の実体験

僕は小学校から始まり、
中学、高校と一貫していじめを経験してきました。

(高校はいじめというよりは、むしろ戦いでした(笑)
気に入らない奴をぶっ飛ばす不良集団って必ずいるもんで、
僕はそういう連中にぶっ飛ばされたし、
逆に僕も気に入らない奴をぶっ飛ばした経験があります。)

僕がなぜいじめられたか?

結論から言うと、こうです。
小学校時代にちょっとしたことで仲間外れにされたことがきっかけ。
これがトラウマになって
自分だけ仲間外れになりたくない、
そういう心理から、良かれと思った行動が裏目にで続けたから。

それによって中学でもいじめに遭う。

なぜなら当時はそんなことはわからないし教えてもらえないからです。

そんな僕が考えてやった結果、いじめがなくなったのは以下です。

「特定の友達だけと関係を持った」

「仲間外れ」という考えはなるべく捨てた。

いわば、本当に信頼の置ける人間としか関わらないってこと。

しかしそれだけじゃいじめっ子は容赦なくいじめてくる。
その友達にも意味不明な陰口を広めて
どうにかして僕を孤立させようとしてくる。

すると友達によっては
「お前といると俺までいじめられるから…」
という理由から、僕から離れていくワケですな。

でも、同じクラスじゃなくてもいい。
いじめっ子って全クラスにまでの影響力ってまず無いです。
せいぜいクラス内の20〜30人程度。

仲の良い人が別クラスにいたので、
昼休みなんかはすぐに教室から出て仲の良い連中のいるクラスに向かう。

これは根本的ないじめの解決にはならないけど、
精神的ストレスはやわらぐ。

「自分の趣味をもった」

ギターです。
そもそも好きでも無い流行りに乗り続けることが
面倒くさいし疲れる。

しかしこんな目立つ趣味を始めたら
余計に目立っていじめられるんじゃないか?
…と思いつつも、始めてしまったものはしかたがない。

あまり郊外せずに同じ趣味の同級生とヒソヒソと
バンドの話や、楽器の話をするようになった。

しかしどこからか、ギターをやっていることは
いじめっ子にはバレるのです。笑

しかし、ギターを口実にいじめてくる人は皆無だった。
ギターを持った段階から、たぶん僕に変化があったのでしょう。
これは自分ではわからない部分での変化です。

ある種、対等に話しかけてきた感じはすごく覚えてます。

何か「あなただけの趣味」が見つかると、
それに没頭できるしいじめられていてもあまり気にならなくなります。

さて、次はやれる人とやれない人がいるので
オススメはできませんが、効果ありです。

「逆にいじめっ子に積極的に話してみた

いじめっ子って基本的に小心者です。
1人じゃ何もできない。

なので、一対一のタイミングなんかがあったら、
当たり障りのない会話をしてみる。

すると、
今までいじめてきたクセにまったく怖い感じはないんです。

なぜならそもそも小心者であなたより弱いからです。

一度でもそういうことがあると、
向こうもあなたをいじめの対象から外してきやすくなります。
なぜなら弱い自分を一部あなたに見せてしまったから。

気づいたら仲が良くなってた奴もいました。
結果的にそのいじめっ子よりも僕の方がタチの悪い人間に育ってしまったというのも多分にある。

いじめの“根本的”原因

さて・・・

いじめの根本的な原因としては以下2つ。

  • 家庭環境。
    つまり親からの育てられ方によっていじめられやすい性格になる。
    親が悪いんです。どういうことかというと、
    あなたが育ってきた常識が本当は一般的には非常識ってこと。しかしそんな幼少期の段階で
    「親がこういう風に自分を育ててきたけど
    これじゃダメだ、もっと自分で変わらなきゃ!」
    …なんて意識の高い子はいません。
    そんな10代の人に「自分が変わらなきゃ変わらないよ!」
    なんて曖昧なことは何一つ解決になりません。
    僕は子供の頃、かなり甘やかされて育ちました。
    欲しいものは「買って!」と言えば買ってもらえた。
    そして一人っ子だったため、孤独がすごく嫌い。
    だからこそ仲間外れが本当に苦痛だったんです。しかしそれが「当たり前」と思って学校に突入するワケ。
    兄弟のいる人や、
    甘やかされずに育った人はそれは当たり前ではない。
    そりゃあ疎外されるよねってハナシなんです。

    どういう子がいじめられるか?なんて、
    今まで生きてくれば想像つくのよ。
    それを甘んじて自分の子を甘やかしすぎるのが悪いのです。

    親が良かれと思って甘やかしてくれたのは十分わかる。
    しかしそれはあなたを苦痛から逃しているだけにすぎない。

  • 学校環境。
    教師と生徒のコミュニケーション不足などによって
    いじめっ子のターゲットになる
    →100%で教師や生徒が悪いまず教師。コレがもっとも最低。
    というのも・・・学校の教室で先生が黒板の前に立つよね?
    あそこって、生徒の表情がかなり正確に見えるんです。
    いじめられているあなたが苦痛な表情をしているのを
    気づかないワケがない。
    気づけないなら教師として無能。
    見て見ぬ振りです。問題を起こしたくないだけ。

    もちろん中には良い先生もいるかもしれないけど、
    そういう先生がいたなら、そもそもいじめが続いていません。

    大人の世界では結果が全てです。

    「気づけませんでした」は通用しません。

    そしていじめてくる生徒。

    なぜあなたをいじめようとするか?
    これは、自分の環境が気に入らないから。
    →結果、これも相手の家庭環境です。

    で、あなたのことが羨ましいんです。
    幸福な人を蹴落とすのが楽しいと勘違いしているだけ。
    実はこれって大人でもよくある。

    雷僧
    例を言えば、人気の芸能人がちょっと何かをやらかすと
    途端に手のひら返しで、一斉に誹謗中傷が起きるでしょう?
    あれも羨ましい人気芸能人を叩けるチャンスだからなんです。

    それと全く同じ。
    羨ましいあなたの、ちょっとしたスキを狙って
    そこを徹底的に突っついてくるワケです。

つまり、家庭環境によってあなたがいじめられやすい性格になっていることを
誰にも教わらずにたくさんの同級生がいる学校という場所に放り込まれる。

そしてあなたのことが羨ましいと思う小心者が、
群れを作ってあなたを叩き落としたがる。

これ、あなたは1ミリも悪くないでしょう??
そういうことです。

いじめの“直接的”原因

では今度は、
あなたのどういうところが原因で
いじめられる側になるか?

大抵は、この2つですな。

あなたがリーダーシップを取っていることが気に入らない

要は、あなたの目立った行為が気に入らないんです。

やたらと友達と仲が良いとか、
勉強ができて周りからすごいと思われるとか、
人気のゲームやスマホなど、
あまり買ってもらえないようなアイテムを持っているとか。

そういう部分です。
これはいじめっ子からすると
人気芸能人が不祥事を起こして日本中から叩かれるのと一緒。

あなたの輝いている部分を蹴落としたいという感情からいじめが勃発します。

つまり、あなたへの嫉妬、妬みからくるいじめです。

あなたのちょっとしたしぐさや、発言、見た目が気に入らない

これは、いじめっ子が何かに不満で生きてきて
それの八つ当たりであなたを攻撃していることでいじめが勃発しています。

これは、いじめる相手が優越感に浸れる相手を攻撃しているってこと。

例えば、背の低い人間が
「お前チビだな!」っていう口実でいじめられるのは
いじめる相手=背が低くない
いじめられる側=背が低い
という相手が優勢に立てる場所を見つけて攻撃してきているワケです。

これは自分より弱い(と勘違いしている)相手をいじめているただの八つ当たりです。

いじめられなくなる方法

そもそも戦わないことです。

いじめ=SNSの誹謗中傷と考えてください。

反応がなかったら向こうは何も面白くありません。

いじめっ子が喜びを感じるのは
あなたがいじめられた時に

  • 悲しい、辛い感情を見せること
  • 何かしら言い返してくること
  • 誰かに頼ったけどどうにもならなかったこと

こういう「あなたの反応」を見る時です。

いじめっ子が何か言ってきても
フル無視しましょう。

「それができないから困っている」

・・・という声が聞こえてきそうだけど、

以下を想像して欲しい。

いじめマン
おい!〇〇!
あなた
・・・(無視)
いじめマン
おい!なに無視してんだよ!!
あなた
・・・(無視)
いじめマン
おーーい!みんな!
こいつ一丁前に無視してきてんだけど!!ww
あなた
・・・(無視)

これを続けてください。

いいですか?

「うるせぇな!」とか、

一度でも言い返したらダメ。

ひたすら無視です。

そうすると・・・
これ、明らかにいじめマンが微妙な空気になって終わります。

そしてあるタイミングで一対一になったとき、
ふとあなたから声をかけてみる。
(できる場合、でかまいません)

そうすると、向こうは少し恐怖を感じるんです。

なぜなら今までと違う反応をされた相手から
一対一の場でいきなり話しかけられるからです。

これ、小心者なら完全に恐怖です。

SNSで考えると、
やたらと誹謗中傷してくるリプに対して
何も反応が来ていない状態です。

これほど虚しくてダサい結果はないでしょう?

反応すればするほど相手に養分を与えるのです。

やっちゃダメなこと

これはいじめから逃げる行動です。

例えば、いじめを親に相談した結果・・・

  • 転校する
  • 引っ越しする
  • 休学する
  • 退学する

こういった行為ね。
逃げれば逃げるほど、新しい一歩がめちゃくちゃ苦痛になります。

大人になればなるほどわかるけど、
小学校、中学、高校の同級生で
一生の友達になりうる人間ってほぼいないです。

なぜなら記憶がどんどん古くなって
新しい記憶(大学とか会社の同僚とか)が更新され続けるからです。

もっというと、
小学校〜高校まで全部いじめられていたとしても、
たかだか12年。

長い人生のたった12年です。

そんな期間で今後の人生を苦しめるような精神状態を
作り出す方が本当に大変ですよ。

なので、
基本「戦わない」です。無視です。

まとめ

幼少期のいじめ体験って、確実に将来に影響します。

なので早い段階で解決をするべき。

僕なりに解決策を書きました。
基本的にいじめる側は弱い人間です。

当然無視されたらすぐにメンタルが弱るし、
いきなり話しかけられたらビックリされます。

でも、それが良かったりするんですよね。

なぜなら向こうはあなたよりも弱い人間なので・・・。

逆にあなたをいじめることでしか
自分を保つことができない弱い人間であって、

1人じゃ何もできないから
大勢の人間を仲間に引き込もうと必死なのです。

で・・・形上は
あなた対大勢という錯覚に陥ります。

が、実際はあなたよりも圧倒的に弱いです。

弱いし、同じ人間です。

一番の効果的な方法は相手と仲良くなる方法です。

話してみると実は境遇が似ていてかなりの理解者だったりもします。