1. TOP
  2. ソロアーティストが必ず悩む3つのポイントを解決します!

ソロアーティストが必ず悩む3つのポイントを解決します!

ギターの仕事依頼受け付けます

 

ソロアーティストが音楽活動をしていく上で必ず悩むポイントを、私が解決いたします。

ソロアーティストというのは、バンドと違って色々とハードルが高いんです。

 

ライブのブッキングやらチケットノルマやら、スタジオのリハやら。

全部1人で決められる分楽な部分もありますけどね。

しかしその分、完全なる「自分」という色がないときっついわけですよ。

 

たくさんのソロアーティストさんを見てきたけど、そもそもソロの理由が

バンドメンバーが集まらないから

という理由の人も多いです。

 

ということで、私がソロのあなたにできることを紹介しますね。

 

ライブをやりたいけどギターがいない。

・パフォーマンスも演奏もどっちも大切だ!というライブなら、任せてください。

ソロだけど、バンドのライブみたいなライブにしたい!という人が非常に多いです。

こういう場合は、バックバンドにただ突っ立って弾かれたりしたら目も当てられません。

しかし、あなたが一番引き立ちつつ、バックバンドも盛り上がっているようなステージングに仕上げます。

 

これは補足ですが、

  • バンドを結成して間もないけどライブをやりたい!でも引っ張って行ってくれるメンバーがいない。

こういうパターンもあります。

あなたのバンドはこんな状態だったりしませんか?私がバンドのスタジオでやるべき内容や、ライブにおける重要なポイントなど、しっかりサポートいたします。

 

私の楽曲を生演奏にしたい!ギターをレコーディングしてほしい

せっかく楽曲があっても、カラオケ音源のような何から何まで打ち込みの音・・みたいなオケはやっぱりライブでは使い物になりません。

迫力もメリハリもあったもんじゃないですから。。

かといって、楽器は弾けないし、仮に弾けても録音環境が無いし、、という方は雷僧を使ってください。主にロックのギターサウンドが得意です。

 

 

オリジナル楽曲を作ってほしい

 

これが最も依頼が多いうえに最も需要が高いです。

 

そもそもオリジナル音源が無いし、作れない!

頭の中では最高にかっこいい曲が出来上がっている。

しかしそれをいざ形にしようとすると、何をどうしていいのかさっぱりわからない!

でも、理想の曲が頭にあるのだ・・・

 

こういう人はとても多いです。あなたも実はそうじゃありませんか?

 

ソロで活動している人は本当に多いです。

その脳内に眠っている楽曲、実はめちゃくちゃヒットする可能性だって十二分にあるんです。

というか、やり方次第ではどんな曲もヒットしてしまうのが今の日本の音楽シーンでもあるわけです。

そんな可能性を眠らせたままにしておくのは人生レベルでもったいないです!

雷僧がサポートいたします。

そもそもこいつに依頼して本当に大丈夫なのか??

 

もちろん、まだ私を知らない人の方が多いでしょう。

こんな風に思われてもしかたないですし、むしろ当たり前です。

 

人って、お金を払うときは「信頼できる人から買う」んですね。

例えが悪いけど、

全く同じヴィトンの財布を、

ヴィトンの店で買うのと、ドン◯ホーテで買うのと。

どっちがいいですか?

 

同じ商品です。

価格も同じだとします。

多分100%で前者、ですよね?

 

これは、「店が売っている商品に対して店がどれだけ信頼性があるか」です。

後者は、価格が安いのが特徴であって、

ヴィトンの財布は安いに越したことはないけど、正直価格じゃないですよね。

むしろ安かったら、「これホンモノかなぁ?」っていう疑いが1%でも湧くはず。

 

まぁこういうことです。

 

ですので、まだ私はあなたにとってドン◯ホーテなはずなんです。

ですので、よかったら私のブログを読んでください。

ですので、よかったら何でも聞いてください。

 

「こんなこと質問したら笑われてしまうだろうか・・」

「こんな無茶なお願いはさすがにスルーされてしまうかも・・」

「お願いしたいけど、決断ができない・・」

「いや、そもそも雷僧ってちゃんとギター弾けるの??」

「楽曲提供って、ちゃんとまともな曲作れるの??」

「価格っていくら?めっちゃ高いんじゃないの??」

 

あなたもきっとこんな心情じゃないですか?

全然気にしないでください。不安を消すにはコミュニケーションをとる以外ないですから。

 

無茶なお願いをどれだけ無茶じゃなくなるかは、話してみないとわからないです。

だれでも「送信」ボタンは躊躇します。ただ、「問い合わせる」だけですから。

実際に行動するかどうかは、私と相談してから決めてください。

 

では、下記のフォームにどうぞ!

問い合わせ内容 (必須)