1. TOP
  2. ギター
  3. Fコードが難しい!と挫折寸前の初心者が3日後にFが弾けた方法

Fコードが難しい!と挫折寸前の初心者が3日後にFが弾けた方法

ギター初心者が100発100中でつまづくであろう、Fコード。

これをいとも簡単に弾けるようになるための練習方法を解説したい。

指にFを覚えさせることが重要です。

指板に指を置いて、Fを押さえる。

疲れたら休む。この「休む」が重要!

これだけで3日でいけます。

 

たぶんコレを読んでいるあなたは・・・。

 

あなた
うおおおおおー!!
あなた
F全然弾けねぇーー!!!!

こんな状況じゃないだろうか??

結論から言うと、弾くより「休む」が大事なのだ。

 

はい、「何を言っているんだコイツは?」と思ったね??

早速ですが、詳しくお話ししていきたい!

 

憎っくきFを制覇するための具体的な方法

この通りにやってください!

 

  1. Fのフォームを押さえる。
  2. 弾けなくていいから、まず押さえる。
  3. そして慣れたらちょっと弾いてみる。
  4. 指が痛くなる。www
  5. この行程を10分くらい…あなたの指が痛くて疲れるまでFのフォームを押さえ続ける。
  6. そして、1〜2時間ギターから離れて休憩。
  7. 寝る前にでももう一度1〜5を実践する。

 

これだけで大丈夫!!(笑)

 

あなた
ふざけないでよ!!

 

って思うでしょう?

 

マジです。

ほんとですよ!

 

僕、これしかやってきてないから!

正直、最初の絶望感以外は、正直Fに真剣に取り組みませんでしたからね!?(笑)

 

 

Fコードは指を多く使うから難しいだけ

まずはこれを見てほしい。

この図を見ただけで、どんな絶望感が襲ってくるだろうか。

 

うんざりというか、ガッカリというか、何ともいえない気持ちだ。

 

雷僧
なんだよ、1フレットの棒みたいなやつwwwwww
何か棒みたいな器具使うの??
雷僧
まさか、指じゃないだろうな??
人間の指は、5本しかないんだぞ??

 

そして押さえる前から、

 

「ムリだろ、これw」
みたいな感覚になる。

 

 

試しに押さえてみて、音を出そうとしてみる。

「カキョン…」

みたいな音が出たら・・・というか、出るんだ。

 

その音を聞くと余計にツラくなりそうなので、押さえるだけ押さえてみます。

 

うん。

 

単発では何とかなる。

 

 

雷僧
あ・・・!
痛たたたたた・・・。泣

 

しばらく押さえてると、指達が悲鳴をあげ始める。

 

試しにFを押さえたあとEとかAにポジションチェンジしようとすると、

指がまったく見当違いな場所を押さえてくる。

 

そもそも次のコードまでが時間かかり過ぎるんですよ。

Fを押さえるのにも苦労する上に、さらに押さえ切って疲れた指を瞬時に別のコードに移す労力が、もはや無い。

 

 

指が覚えればFコードは余裕

あなたがFコードを弾けない理由は、あなたの身体、筋肉がFを押さえることに慣れていないからです。

 

わかります??

 

いいですか?

ここからが大事。

よーく読んでほしい。

 

三日坊主のクセがすごい僕は、Fを挑戦してものの数分であきらめ、すぐにギターを置いて遊びにでかけるのだ。

 

そしてその日は、1日ギターには目をあてなかった。

なぜなら、こうだ。

帰ってきてギターを見てしまうと・・・。

 

Fコードを鳴らせず、

ポジションチェンジなんぞ程遠く、

そして、そんな程度で挫折しかけてる自分にイラついてる自分の姿

 

そんな自分がフラッシュバックしてくるからだ。

 

 

なので・・・。

 

極力ギターを見ないように、思い出さないように・・・。

ギターから身を離れて1日を終える(笑)

 

さて、おわかりだろう。

この段階で、コードの何が難しいのかが、わかる。

 

それはもちろん、
ちゃんと音が鳴ること。

 

これに尽きる。

 

そしてもっと言うと、
コードチェンジができること。

 

この2点が、僕の強敵なわけです。

 

では・・。

なぜ、当時の僕やあなたがFコードを弾けないのか?

 

その理由をお話しします。

 

それはさっきも話したけど、いたって単純。

体が、今までやったことの無い指の動きをしているから、弾けないだけなんです。

 

逆をいえば、体が覚えてしまえば、弾けるってことです。

 

思い出してください!

 

雷僧
あなたはローコードのEとかAとか、目をつぶってても弾けるでしょう??
なぜ??
左手がコードを記憶しているからですよ!!

 

Fコードを覚えるには指を鍛えて休む

挫折魂のカタマリみたいな僕が・・・。

ある日Fコードも押さえられて、コードチェンジもできるようになるわけです。

 

なぜか??

 

なぜだと思いますか?

 

・・・

 

・・・

 

ヒントです。

 

小学校の時に、九九とか漢字の練習って、ひたすらノートに書き写す作業をさせられませんでしたか?

そしてあなたは、そんなこと嫌いだから、その時しか書き写さないですよね?

 

実はこれが正解なんですよ。

 

ギターは、間を置けば置くほど上達するのである。

 

これはどういうことかというと、

 

体は新しいことをすると、脳みそがちゃんと覚えていってくれるんですね。

これはギターに限らずスポーツや学業、何にしてもそうなんです。

だから、ちゃんと弾いていればそれはちゃんと身についているんですよ!

ってこと。

 

 

わかりますか??

 

 

そしてあなた!

今、ちょっとホッとしましたね?!

 

 

雷僧
だから逆を言えば、
「いつまで経っても上手くならないわぁーー」
って悩んでいる人っていうのは、ぶっちゃけ「ちゃんと弾いていない」だけなんです。
あなた
ふざけんな!
ちゃんと弾いてるわ!
あなた
弾いててもできないからコレ読んでるのよ!
あなた
さっきからなにトンチンカンなことばかり言ってるのよ!
あなた
このクロワッサン野郎!

 

って思ったでしょう!!?

 

もしあなたがそう思ってたら、

ちゃんと弾いてるっていう基準が低いだけです!

 

参考記事:ギターが上手い人と上手くならない人はコレが違う!

 

甘い甘い!

 

と、言いつつも・・・。

きっと当時の私の練習基準は相当に低かったことでしょう。

なにせ、「練習するぞ!」っていう概念がなかったですからね!

 

例えば、当時のCであれだけ苦戦していた僕。

この頃の僕がギターを手に取ってやることは、こんなザマだ。

 

EとAとCを適当にコードチェンジ!

気分に合わせたストロークをして、ギターを弾ける気になっていること。

 

これがマイブームだったワケ・・・。

 

立って弾いてみれば、それはもう気分は最高潮ですよ!!

 

で・・・。

言ってしまえば、EとAとCはもう完全に覚えているわけ。

 

手元を見なくても押さえられるし、ちゃんと音が鳴る。

 

たぶんあなたもそうですよね?

 

それって、体に染み込んでるからですよ、コードが。

 

Fコードが弾けるようになった瞬間

そんなこんな、EACだけを弾き続け、最高潮なテンションのまま、
恐る恐るもう一度Fコードを織り交ぜたコードチェンジをトライ。

 

「カキョピっ・・・。」

 

相変わらずうまくいきません。

というか、立って弾いてるから余計に悲惨な音が鳴ります。

 

でも、うまくいかなくていいんです、

テンション的に『弾けてる気に』なっているから全然オッケーなんですw

 

雷僧
いやぁ〜マジでF弾けねぇ!
おれギター向いてねぇなぁーーー・・・。

 

なんて、これっぽっちも感じず、ただただギターヒーロー気取りで弾きまくってました。

 

たぶんだけど、
真剣に向き合ってイスに座って「よし、F弾くぞ!」

なんて始めてしまったら・・・。

 

「あーやっぱりおれギター向いてねぇなぁーー」

って思ってしまうから、あえて逃げてたんでしょうね(笑)

 

そんなことをちょこちょこやってると・・・。

 

あるとき、ふと気づくとFがスムーズに押さえられてる。

 

さらに!!

ぎこちないながらも、コードチェンジも出来るようになっていた。

 

 

わかりますかね??

 

 

この時点で、僕は決して練習をしていたワケじゃないんです。

そして重要なのが、Fをひたすら弾きまくってたわけでもない。

 

やったことはこれだけ。

ちょっと覚えたコードだけを元手に、まるでドームのコンサートで演奏しているかのごとく、何かになりきって弾いてただけ(笑)

 

 

これFも然りってことです。

 

ほら、Fがだんだん怖く無くなってきましたね!!

 

ギターなんか練習しない方が上手くなる

これは、

練習と思うか思わないか

だけの話なんです。

 

ですので、おれがCやFがコードチェンジも含めて弾けるようにやってきた内容は、

コードチェンジを織り交ぜたストロークの練習…といえますが、

たった4つのコードだけを元に、

間違いなくただギターヒーロー気取りで弾いてただけですw

 

なんかマインドセット的な話になりますが・・・。

「ギター上達は、練習をしない!」

っていうのは、自分なりにはこういうことをお伝えしたかったわけです。

 

まとめ

人間の体っていうのは、反復したものっていうのは、一度睡眠を経過して翌日、体に染み付くようにできています。

 

だから、あなたが未だに九九を言えたり、漢字が書けたり、自転車に乗れたりするわけですよ。

 

これらって、中学時代にはもう勉強しなかったですよね?

 

小学生の頃に、重要度もよくわからないままとりあえずやらされてましたよね?

しかも結構な数をこなしたはずです。

 

もちろんこれらは「楽しい」かと言われたら、そうではなかったのかもしれません。

が、小学校という環境が楽しければそれは覚えやすい環境だったと言えます。

 

 

あと、「先生から強制的にやらされる」ことも重要ですよね。

 

ギターの場合、やらなくても誰も怒りません。だって誰も困りませんから。

じゃあ、自分自身が続けるしか無いですよね。

 

 

ということはですよ、

 

 

「ホントに、楽器演奏を楽しんでるかどうか?」

「弾いてて楽しいか?」

 

 

そこがやっぱり重要だと思います。

 

ではでは!

 

\ SNSでシェアしよう! /

雷僧(らいぞう)Official Blogの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雷僧(らいぞう)Official Blogの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

関連記事

  • ギターが上手い人と下手な人の差が出るプレイその1

  • ギター初心者の練習法と考え方まとめ。

  • ギターの音作りで悩むポイントを4段階別で徹底解説!

  • ギター初心者で「投資できない人とできる人」の致命的な差とは?

  • ギター初心者にディレイのエフェクターは必要か?

  • 雷僧(らいぞう)のバンドマンしくじりの軌跡その2。