1. TOP
  2. ギター
  3. ギターが上達するための考え方

ギターが上達するための考え方

こんにちは!雷僧です。

 

さて、

 

行動した分だけ、人は失敗します。

 

ちなみにですけど、

成功、失敗、それはどういう基準?

 

上司に怒られたら失敗?

金が入れば成功?

 

いやいや、

 

考え方ひとつで成功も失敗も逆転しますよ。

 

どれだけ失敗したかが大事!

何かをやらかして、おおきなクレームをもらったとする。

そして上司にきっちりと説教を受ける。

もちろん、教えを説く方法の説教。

これによって新たな発見を得られるわけで、

新しく身につく何かがあるという点では、『それを経験できた、習得できた』という意味では失敗とは感じないですよね。

まあ、何事も考え方ひとつってことですよね。

 

行動量の分だけ気付きが増えるという一例

 

 

さてさて、、

色んな記事で書いてますが、

私の若かりし頃、どんなギター練習をしていたか?というと、、、

好きな曲…というよりは、弾ける曲をひたすらヘビロテで流しながら、

 

それに合わせてひたすら弾きまくる、

 

そんなオ◯ニーなことをしてるうちに、どーしてもバンドをやりたくなってくるんです。

 

っていうか、まずこの考えにいきつくことが成長している証拠なんですよ。

だって、つい数ヶ月前まではコードを2つ3つ覚えて適当に弾いていただけなんですよ?

 

たまたまコピーを始めて、曲というものを弾けるようになって、

自分の頭の中で「バンドをやりたい」という考え方に行き着いたわけです。

 

すごくないですか?

 

いあいあ、雷僧さんよ、そんなの誰だって考えることだろ??

 

って思いましたよね?

 

 

そうなんですよ。

 

 

ほとんど誰もが行き着く考えですよね。

 

いわゆる、自分から生まれる「気づき」です。

 

これが、バンドをやってた人と、何もしてこなかった人とでは、

 

圧倒的に「気付き」が弱いんですよ。

 

仕事でもそう。

 

「考える」「気づく」「行動する」「結果がでる」

 

いわゆるPDCAサイクルに近いことを自然とギターを弾いている中で生まれているということですよ。

 

まぁ、少々脱線しましたが・・・

 

 

住宅地で爆音でギター弾きながら、自分のイメージは勝手に出来上がってるわけです。

 

そして、小室さんが好きだった為か、右も左も分からないまま、

 

作曲もはじめてみました。

 

CとEとAがメインコードだったわたしが、作曲なんて、、、w

 

よくもまぁ始めたもんだと、今は思います。

 

でも、今からギター始めたら、そんなスピードで作曲なんて絶対始めないと思います。

 

若いゆえのガムシャラな勢いなんでしょうねw

 

そのガムシャラなスピード感が今思うとめちゃくちゃ大事です。

 

 

完璧は求めない。とりあえず「やる」ことに意味がある

 

さて、今思い返すと、

コード理論は当然知らない

スケールなんかも当然知らない

でも、曲を作りたい!

 

その気持ちのみで、作り上げた曲達があったわけです。

 

音源が残っていれば是非聴き直したいところですが、

覚えているのは、ぐっちゃぐちゃだったけど、妙なインパクトがあったw

 

 

今同じものを作れと言われたら作れないでしょうね。

 

まあでも、当時自分の作った曲を聴いて、プロの曲を聴いて、

 

な〜〜んか違うな。

なんかこう、、広がってこねぇw

そして異様に聴きづらい。。。

 

その原因はもちろん使っているコードの少なさと、使ってるコードがメロディーに合っていないこと。

 

これも、初心者ながら気付いていくわけです。

 

そして、自分に足りないものに気付いたら、自然とそれを学ぼうとするもんです。

 

ほんと、知らぬ間にコツコツコツコツと、コードは覚えていきましたから。

 

ギターソロも一緒ですね。

 

なんかおれのソロ、クソダセェ。。。

 

早弾きっぷりは一丁前だけど、何一つかっこよさを見出せない。。

 

こんなソロばっかでしたからw

 

でも、何がダサいかを「気づく」ことで、

何が失敗だったのかを学べるわけ。

 

 

まとめ

 

ということで、

 

まずギター初心者がやるべきことっていうのは、

 

100%を求めない!

40%でも、進められそうならどんどん進む!

途中で軌道修正なんていくらでもできる!

 

っていうことですね。

ですから、やっぱりPDCAって大事ってことです。

 

曲作ってみよう!(P)

作り始める(D)

さぁどうだ!おれの作った名曲は!(C)

あっっれぇ??めちゃくちゃダセェ。。。(A)

 

これを繰り返すと、なにがダメかがわかりますもんね。

もちろん、ダメだったところを「改善」しなきゃ何も進みませんけどね。

 

ではでは!

 

\ SNSでシェアしよう! /

雷僧(らいぞう)Official Blogの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雷僧(らいぞう)Official Blogの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

関連記事

  • ギターを通じてバンド活動で学べること

  • ギター初心者で「投資できない人とできる人」の致命的な差とは?

  • 【ギター初心者】曲はメロディから作れ!

  • ギター初心者が必ずつまづく第2の壁とは?

  • ギターもバンドもうまくいかない!たった一つの「それが大事」

  • ギター初心者は必ずコピーをしておこう!