1. TOP
  2. ギター
  3. ギターソロの作り方を自分のバンドで学ぼう。

ギターソロの作り方を自分のバンドで学ぼう。

こんにちは!雷僧です。

 

先日、mellowsgardenのドラマー、にーやんのお話をしました。

ライブを無料で死ぬほどやる方法

という記事で彼を紹介したんですが、

キャラのせいもあってか、直接ご意見をいただきました。w

 

 

しつこいくらい出しましょうか?

この男ですね、にーやん。

写真はヘッドホンしてるけど、彼はHIPHOPやDJなんかは一切やりませんwww

 

さて、、

「mellowsgardenってどんなバンドなの??

ちょっと聴いてみたいんだけど・・。」

 

とか、

 

「にーやんさんのドラム、観てみたいです!」

 

とか、そういうお声をいただいたので、ちょっと古いですが動画を埋め込みたいと思います。

もう10年以上前の動画かもしれない。。

 

今思うと、なんでちゃんと動画とか撮っておかなかったんだろう、、、

なんでちゃんとした集客をしなかったんだろう、、、

こういう後悔ばっか出てきます(´;ω;`)

 

今の動画のクオリティーでちゃんと見せたかったなぁ〜〜と。

 

いやーー、でも嬉しいっすねw そう言っていただけるのは!

しかし、このメンバーで復活するのはあり得ないので、ちょっと複雑な気持ちです。

 

ではいきます。

 

MILD HEAVEN supernights 

必ずオープニングで一発目にやっていた曲です。

まさし君のディレイのかかったシャベリが好きです。

ドラムはダンス系の四つ打ちリズムですが、ハイハットの強弱がそこらのドラマーと全然違う。

MIDIで打ち込むときはいつもこの男のハットを意識して作っております。

 

この曲はいつ聴いても飽きません。

これを本来はCDとしてパッケージしたかったんですけどね〜。

もしかしたら今度ボーカルと作るかもしれません。

 

穏やかな日を

歌詞にまさしの強い想いがこもっている曲です。

聞きにくいかもしれませんが、歌詞を読み取りながら聴いてみていただけるとうれしいです。

 

個人的にはギターソロが好きですww

(自画自賛w)

ちなみに、このソロでちょっとした思い出があるんです。

 

ソロを作るとき、どう作ってますか?

あなたがバンドをやっていて、曲もオリジナルだったと。

んで、ギターソロってどうやってますか?

 

結構、スケールのアドリブからなんとなく作っていきません??

 

わたしは当時は完全にペンタトニックスケールオンリーで、

しかも完全手癖の適当〜〜なソロばっかりだったのを覚えてますw

別にペンタだけでも全然いいんですけどね、どの時にどの音を当てるか?とかを全然考えずに、

本当適当にソロを弾いてたんです。。

 

だから、ソロを自分で口ずさめないし、聴いててもグッとこない。

そりゃダメだよね。。

そしてその甘さが自分自身にとんでもない悲劇を呼び寄せてしまいました。

 

ソロが決まらない!まったく帰れない!泣

この曲のプリプロを録るってことでメンバーの家で集まった時がありました。

その時、実はこのギターソロのフレーズが全然固まってなかったんですよ。

で、20時とかそのあたりからギター録りで、ソロがいつまで経ってもOKテイクがもらえなかったんです。

 

うちのバンドは、全員がOKじゃないと曲ひとつひとつがOKにならなかったんです。

特にギターソロはギタリストの見せ場。

そのソロに特にみんな厳しかったんですよね。

ある意味、ギタリストのためを思っての厳しさだと思うんだ。

だって、ダサイけど「まあ、らいぞうがそれでいいならいいんじゃね?」程度で終わってたら、

本当はあんまりカッコ良くないソロをライブで披露することになっちゃうから。

 

ってことで、本当に厳しくて、まっったくソロが決まらなかったんです。

つーか、事前にある程度ソロの候補を用意しとけよ!って話なんですけどね。

 

で、まさしとにーやんは待ってられず帰宅。

 

ベースの自宅で作業していたので、彼と二人だけでずっとソロを作ってました。

精神的にも飯食う余裕もなく、翌朝までひたっっっすら弾いて、ようやくそれっぽいフレーズができた!と思って弾いたのが、このソロです。

 

当時はこのフレーズも、「もう頭から出てくる限界です、、」っていう感じでダメ元で弾いたようなフレーズだったのを覚えてます。

実は、そういうフレーズが一番良かったりするんですよね。

ヘンに作りこんだりしたフレーズって、結構自己満だけで終わってしまったりしますから。

自分の甘さが全ていけないんだけど、出来上がるまでに泣きが入るほどしごかれて作り上げたソロなので、今も愛着がわきます。

 

 

ちなみにこの曲は、静と動がはっきりした曲で、ドラムだけでも十二分に強弱が出てます。

動くきは動いて止まる時は止まる。

これ、ステージングの基本でし。

 

月唄

このバンドの代表曲ともいえる。

何年前でどんな企画だったか忘れましたが、music.jpの着うたDLランキングで1位を獲得した曲です。

(当たり前ですけどイカサマは一切なしでの1位ですからねw)

 

あと、新宿のアルタビジョンでもこの曲のCMが15秒だか20秒だか流されたのも懐かしい想ひ出。

 

わたしがこのバンドに加入したばかりの頃に作られたのを覚えてます。

普通のPOPなんだけど、どこか違う。なんか普通の感じがしない。

いや、流れとかほぼほぼ普通のPOPなんだけどねwなんかPOPだけじゃないというか。

うまく言い表せないけど、mellows色がちゃんと入っている、という印象。

 

これ、ふつうの8ビートですが、ハイハットがとても小賢しい。

あと、聞こえないレベルでスネアもウラで入ってたり、何かとグルーヴが出るんです、彼のドラムは。

 

まとめ

いや、、まとめることも特にないんだけどさ、ww

 

見出し的に最後は「まとめ」たくなるんですよねw

 

まあ、こんな感じでした、mellowsgaden。

 

でも強いて言うなら、ギター初心者へソロのことを伝えたい。

 

ギターソロって、アドリブだけでもなんとなく弾けてる気になるし、結構それっぽく聴こえてしまうので、

ある程度弾いたらそれでおしまい!っていう風にしてしまってる人って結構多いんです。

当たり前だけどそれじゃダメなのねw

 

ギターソロって、ボーカルからバトンを受けて代わりに歌う場所なんですよ。

だから、曲全体を把握しないと、曲に合ったギターソロが作れません。

曲をちゃんと理解すること、ボーカルのフレーズ、その時の曲のテンション、

そういうものをちゃんと体内で消化して初めて、イケてるソロが作れます。

 

しかも、それをライブでやるなら、あなたの最高の見せ場だから!!!

 

適当にソロを弾いていると、当時のわたしのような悲惨な目に遭いますからね!!!w

 

 

ではでは!

 

\ SNSでシェアしよう! /

雷僧(らいぞう)Official Blogの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雷僧(らいぞう)Official Blogの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

関連記事

  • 【ギター初心者】が5分でわかるコードの仕組み

  • ギター初心者におすすめの【ギタリストとしてのポリシー】

  • 学校の授業に見習うべきギターのコピー上達へのポイント

  • ギターを、曲を観客に表現するためには◯◯が必要である。

  • ギター初心者で「投資できない人とできる人」の致命的な差とは?

  • ギターが上達するための考え方