1. TOP
  2. ギター
  3. ギターの上手い下手が分かれる【決定的】な3つの特徴とは?

ギターの上手い下手が分かれる【決定的】な3つの特徴とは?

こんにちは!雷僧です。

ギターが上手い人はえてしてこの3つのポイントをきっちり押さえています。

この記事を読めば、あなたも「上手いギタリスト」と呼ばれるようになります!

 

先日、ワンオクのギターが上手いとか下手とか・・・。

っていう内容を記事で書きましたが、まあ、その記事では上手いとか下手とか、「ギターっていうことじゃないぜよ!」っていう内容を書いたんです。

要するに、曲を活かせれるギターが弾ければそれが一番よかったりするんですよね。

 

ギターの上手い人ってどんな人??

これ、ギター初心者、中級者、上級者。

まあ、なにをもってそう呼ばれるのか?

その定義はどこまでが初心者で、どこまでが中級者?どこからが上級者??

っていうところからそもそも疑問なんですけどね(笑)

 

しかし!ギター上手くなりたいですよね!!

あなたも含めて、もちろんぼくも含めて、みんなが知りたい情報だと思います。

 

ぼくがバンド活動していく中で、数え切れないほどのギタリストとお会いしました。

ほんと、何百、何千かもわからん。。

そんな中で、ぼくが思う「上手い人」っていうのを書きたいと思います。

まず、ミスをしない人

まあ、まずはこれですね!

ミスをしない。

難しいフレーズだろうと、コードだろうと、すずしい顔して弾き切ります。

 

そのたびに当時のぼくは心がパキパキに折られるわけです。

 

当たり前ですけど、練習ではいくらミスってもOKなんですからね?

本番。ライブで、レコーディングで、そういう場所で全くミスをしない人。

もう、これに尽きるんじゃないか?っていうくらい、超重要なポイントだと思います。

 

どうすればミスらないのか?

これも答えは簡単で、

 

・自分のやれる範囲内の演奏だけやればいい

・本番に強くなればいい

 

この二択なんじゃないかなぁと思います。

 

想像してみてください。

 

あなたは多分、ローコードの1つや2つ、覚えているはずだ。

例えばCコードとAコードとEコード・・・とか。

 

じゃあそれ・・・。

目をつぶっても弾けません??

 

あなたが目をつぶっていても弾けるコードだけをライブで鳴らす・・・とした場合、そのライブではあなたは間違いなく「ミスをしないギタリスト」になってはいないだろうか??

 

そういうことなんですよ。

 

自分が背伸びして弾けもしないようなソロをカッコつけて弾こうとするからミスるわけです。(笑)

自分が目をつぶっても弾けるような演奏だけに留めておけばいいわけですよ。

 

そう考えたら簡単でしょう??

 

そこで、あなたはこう思うんです。

 

「いやいや、私が弾ける範囲内なんてたかが知れてるから、、」

 

もちろんそうなんですよ。

だ か ら !

練習してどんどん範囲を広げていけばいいんです。

 

順序的に鉄板なのは、

1.まずはライブをガンガンやる!

2.そのあと、自分に足りない演奏がわかってくる

3.そこでようやくそれを練習する!

 

絶対的にこれですね。

リハは何べんやったってリハなんで。。

自宅でシコシコ弾いてたって、あんま楽しくないじゃないですか。

やっぱりライブで、ステージでガーーーーン!って弾き倒してやる方が、

何100倍も楽しいですから!

 

本番を経験しないとわからない、見えてこないものってのも数多くあるんで、

まずは場数を踏みまくることですね!行動です!行動!!

 

そうしていくと、「本番に強く」なれるわけです。

 

普段リハとかですんげぇ上手いやつがいて、

だけど実際ライブで観ると、

うーーん、、なんかそうでもねぇなぁ・・・。

っていう人っていませんか??

 

それは、練習だけ上手くったって、本番が慣れていないから、

単純に緊張に負けてるだけなんですよね。

だから、本番のライブをとにかく楽しむことですね。

魅せるギターが弾ける人

これ、ぼくの中で第2位ですね。

ギター、ライブ、そういった場所って、自分の魂を思いっきり表現する場所だと思うんですよ。

 

ついついギターに目がいってしまう人って、カッコイイです。

弾いている姿とか、立ち振る舞いとか、そういったところも大事ですね。

ぼくの中では、ただ突っ立って弾いてる。もちろんミスもしないしいいギターを弾いている。

こういう人も多く見てきましたけど、正直惹かれません。

 

やっぱここぞ!って時にカッコイイ弾き方できる人って、

上手いなぁ〜〜って思うんですよ。

 

だって、見てる人とプレイヤーってこうだと思うんです。

 

見てる人は、もしかしたらあなたのライブを観て、「うわぁーーギターかっこいいなぁ!私もギターやってみたいなぁ!」

っていう憧れの対象なのかもしれないんです。

すっげぇ大げさなことを言えば、これからギターを始める人のきっかけが、あなたのライブになる可能性だってあるわけ。

 

ぼくが音作りで大変お世話になった、木下さんというギタリストがいるんですが、

どうすか!!!

 

ちょーーーーカッコ良くないですか!!!?

 

これ、なんてことはなく、ただチョーキングしているところです。

でも、フツーに顔色一つ変えず、ネックを見ながらチョーキングすんのと、こんな風に感情むき出しでギュィーーン!とチョーキングするんじゃ、同じフレーズでも、出音も感動も、全く違ってきますからね!!

 

じゃあ、どうすればいいのか??

個人的に思うのは、

ある程度自分大好きな奴にならないと、これは無理です。

 

こういうことを言うとナルシストっぽく思われるかもしれませんけど、絶対的に必要な部分ですね。

自分の弾いているギターに、そのギターを弾いている自分に酔いしれないと、こういうことにはなりません。

 

表現者たるもの、自分を好きでいられないと、何を表現すんだよ!ってことになると思ってます。

 

そのために必要なものがモデリング

「モデリング」っていう言葉は聞いたことがあるかもしれません。

まあ、簡単に言うと「誰か好きなアーティストを真似る」ってこと。

ぼく自身もしっかりモデリングしています。

具体的な方法としておすすめなのがこちら。

1.まずギターの音は誰の音みたいに鳴らしたいのか?

これによって、使うギターやアンプ、エフェクターが定まってきます。

最初はミーハーで全然いいんです!とにかく大好きなギタリストのギターやエフェクター、片っ端からマネしてみるのもいいですよ。

2.次に見た目はどんなアーティストみたいになりたいのか?

これによって、あなたのギタリスト像の見た目を構築していきます。

ステージ衣装やメイクの有無など、あなた独自のイメージが構築できます。

簡単な例ですが、hideさんが大好きなぼくは、髪を真っ赤に染めた経験があります(笑)

そんな些細なことからで全然OKですよ。まずは見た目を真似してみましょう。

いずれ、必ずあなたのオリジナルが確立されます。誰だって最初は誰かの真似なんですから。

3.演奏している節々で、好きなアーティストを真似る。

例えば「ソロの時のパフォーマンスはこの人。」

「普段のバッキング時のパフォーマンス、弾き方この人。」

このように、何を弾いているかによって、モデリングする相手を変えることが重要。

2でも書いたように、ここがあなたのオリジナルを確立させるポイントです。

これを全部同一人物にすると、ただの猿真似になります(笑)

4.キャラクター設定を誰っぽくするのか?

発言、発信の仕方、一人称の使い方、喋るトーンなど会話において誰々をモデリング。

これはMCやネットでの活動、YouTubeでの動画で非常に役立ちます。

要するに、「ステージじゃない時のあなた」をモデリングするということです。

これは、好きなアーティストのドキュメント映像なんかを見ると、とても参考になりますね!

 

いかがだったでしょう??

 

重要なのは、特定の1人ではなく、場面場面においてモデリングする相手を分けることです。

これによって、全く新しいギタリストが出来上がるワケです。

 

でも、見ている人からすれば、誰かしらのモデリングを感じ取ってくれるため、「この人〇〇さんみたいな雰囲気で、かっこいいね!」

みたいな印象を持たれるようになります。

 

間違っても特定の1人だけをモデリングしないように!

これはただの猿真似です。

 

曲を生かすギターが弾ける人

続いては、これですね。

 

あなたももしかしたら勘違いをしているかもしれませんが、

速弾きがスゴイからといって、その人が上手いわけでは全然ないですからね。

 

ギターもバックの演奏の一部でしかない

ほんとにね、ぼくは昔は、

イントロからエンディングまで、とにかく全編通してギターを弾きまくらなければならない病

にかかってたんですよ(笑)

 

これやっちゃうとね、ほんっとにヒドイw

終始邪魔なギターを鳴らし続けて、結果として曲を台無しにします。

 

曲によっては、最善のアレンジが「弾かない」というアレンジにだってなりうる

ということは、絶対覚えておくといいですよ!

 

じゃあどんなギターを弾けばいいのか?

これも簡単です。

曲を体に染み込ませること、ですね。

 

サポートギターをやると、だいたいこんな流れになります。

・音源を渡される。

・譜面(コード譜)をいただく。

・自宅である程度覚えて、数回リハに入って本番

だいたいこんな感じです。

 

バンドのリハみたいに、何回も何回もリハやらないんですね。

ヘタすりゃ、前日のゲネプロ一発で終了っていうパターンもある。

 

じゃあ、どんな風に曲を覚えて、どんな風なギターを弾けばいいのか?

っていうのが、基本的に自宅で一人で考えて実践することになるんですが、、

 

足すのではなく、引くことを覚える

 

まず曲全体をしっかり聴いて、

自分なりに、この曲のどこの部分が重要度として高いのか。

ギター鳴らさないとダメだなっていうところはどこか。

逆に、ギターはいない方がメロが引き立つなぁ、とか。

そういうのを聴きながら考えていくんです。

 

曲の重要度を考える時に大切なポイントは、メロディーです。

当然、サビが重要な曲の方が圧倒的に多いワケですが、「Bメロのこの部分」とかピンポイントでグッとくる曲ってあるじゃないですか。

そういう時に自分のギターがより引き立たせてあげられないだろうか?

っていう風に考えるといいですね。

 

メロディーに次いで重要なのは、リズムです。

リズムが曲を決めるといっても過言じゃないです。

同じメロディーでも16ビートなのか8ビートなのかで、全然印象が変わりますよね!

なので、曲のリズムを感じ取ってみて、メロディーに対してもっとリズムを強調したギターの方が重要かなぁ?

とか、メロディーがリズミカルだから、あえてギターはリズムを意識させないような白玉にしてみようかしら??とか。

 

こんな感じですね!

 

書いてて思ったんですが、

ギター鳴らさないとダメだなっていうところ

これが多分一番重要っすね。

多分あなたも、どんなギターを弾けばいいか?

が、先行しちゃってるんですよ。

そうすると、いつのまにか自分が弾くギターフレーズに凝りだすんです(笑)

こうなると、曲っていう以前に、自分の弾くギターに頭がいってしまうから、結果的に曲が活かせてない、自分よがりのなんか詰め込まれた感満載のギターが、箇所箇所に詰め込まれていくわけ。

 

そうなると、こうです。

 

「ギター弾きすぎ。」

 

こういう印象を持たれてしまうわけです。

 

まとめ

まだまだ思うことはたくさんあるんですが、

とりあえず、最低限これは無いとダメだろ?っていうポイントを3つ書きました。

 

  1. ミスらない。
  2. ステージで魅せるギターを弾ける。
  3. 曲を活かせる。

 

これだけガッツリ備わっていれば、たぶんあなたも周りからの評価が一変しますよ。

これマジです。

 

ではでは!!


この記事が参考になったら「ポチ」お願いします!!

 

無料オンラインレッスンをプレゼント!

ここまで読んでくれてどうもありがとうございました!!

 

長文を読んでくれたお礼に、オンラインでギターが上達できるような環境をあなたにプレゼントしたいと思います!

 

↓こちらの応募フォームにメールアドレスを入力して、「無料で参加する!」をタップしてください!



*メールアドレス

 

※完全限定での募集ですので、タップしても反応しない場合は、今は締め切っております。。

またの機会にご応募くださいね!

 

さらに・・・

もし!

もし、ですよ?

あなた
将来はバンドで食っていくのよ!
あなた
おれもだ!おれも音楽だけで生きていくんだ!!
あなた
ぼくも、結構年齢いっちゃってるけど、
なれるならプロになりたいなぁ〜w
雷僧
もし、あなたがこんな気持ちが1%でもあるのなら!
特別に「音楽で食っていく方法」のメール講座を無料でお届けしますよ

↓その場合は、こちらまで。



*メールアドレス

ではでは!

\ SNSでシェアしよう! /

雷僧(らいぞう)Official Blogの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雷僧(らいぞう)Official Blogの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

関連記事

  • ギターソロを初心者でもかっこよく弾くための極意

  • 雷僧(らいぞう)のバンドマンしくじりの軌跡。

  • 「ギター上手い」より「かっこいい」と言われろ!

  • ギター初心者は洋楽ロックとどこで出会えばいいのか??

  • ギター教える側と教わる側の思考のズレとは?

  • バンドでのギターの役割を料理で例えてみる