1. TOP
  2. マインドセット
  3. あなたが「失敗」する理由は「だまされない」から。

あなたが「失敗」する理由は「だまされない」から。

こんにちは!雷僧です。

 

さてさて、

突拍子もないタイトルですが、

 

よくあるじゃないですか、

 

「だまされたとおもって」

 

っていう言葉。

 

これ、

とりあえず言うことを聞いて素直に実践してみてください。

の、省略形です。

 

成功する奴と失敗する奴の決定的な違いとは?

 

最近思うのは、

 

いろんな情報が飛び交いすぎて、どれも信じられなくなっている人が多いです。

 

もちろん、中には詐欺もあるでしょう。

中にはうっすい内容の情報があたかも超絶にタメになる的な書かれ方だったりとかもあるでしょう。

 

なもんだから、情弱と呼ばれる人があふれてしまうんですよね。

 

というか、そういう空っぽな情報を発信している人もきっと情弱ですよね。

 

しかし!

何もわからない人が、

何かをわかろうとするには?

 

これ、素直に取り組むほかなくないですか?

 

 

学校の授業でも、素直に勉強したやつがテスト100点とりますよね?

 

プラモデル初めて作るのにも、説明書通りに実行して作りますよね?

 

これらの共通点は

 

自分より知っている人の説明通りに実践している

というところです。

 

 

何事も素直になりましょう。

 

何もわからないクセに、

ハナっから相手を疑ってかかって、

「え、これをやったらどうなるんですか?」

「なんか金を請求されるんですか?」

 

みたいなことを言う人がいます。

 

金がかかったとしたら、それはお前にとって投資か?浪費か?

 

今自分がやっていることは、自分にとってどういう意味を持ってるんだ?

 

そんなこともわからず、というか考えず、

「◯◯がこうだから」

みたいな依存型の思考でしか行動できないからそうなるんです。

 

あ、別に誰か特定の人間のことを言っているわけではないですが、

そういう人が多すぎます。

 

出直してこい!

 

って思います。

 

って、私が思うのも、こうして発信しているのも、

 

以前同じことをしたことがあるから

ですw

 

経験しないとわからねぇんだよ!ってことですね。

 

これらはバンド活動に全て当てはまる

ちなみにあなたは、、、

 

メジャーデビューしたいですか?

 

少なくとも、本気でバンド活動をしているのであれば、これはとても重要。

手垢のついた言葉かもしれないが、

 

 

失敗の数ほど成功が近づいてくる

 

 

ってことです。

 

 

失敗は成功の母っていうじゃないですか。

あなたがもし、

私ってなんでいっつも失敗ばっかするんだろう!

って悩んでいたとしたら、それは全然OKだと思うんですよ。

 

失敗したら、次はその失敗はしないわけで、

それを繰り返し繰り返しやっていけば、最終的には成功するでしょう??

 

失敗しない人って成功もしないんですよ。

 

失敗しないために、石橋を叩いて渡ってしまうから、

成功の裏側を知ることができないという。。

 

これはライブで顕著に感じる部分だったりします。

 

ライブ中で弦を切ったらどうする??

これ、メジャーデビューしてから経験なしにやらかしたら超〜〜〜焦りません???笑

 

急に音が出なくなったらどうする??

これも経験しておかないと、後々とんでもなく恥ずかしいことになります。

 

とにかく、、たっくさん経験しておいたほうがいいんですよ、失敗を。

 

だから、そのためにはスピード感を持って活動できるバンドって成功というか成長しやすいよなって思います。

 

 

騙されればその結果が見えるし、だまされずに交せたらその結果はわからない。

 

「だまされる」と書くと、印象良くないですが、

「なぁーーんかあやしいなぁ」

「でも気になるなぁ」

みたいなこととか、よくあるでしょう??

 

こういう時は、ぜひ足を踏み入れてみることが大事です。

 

じゃないと、結局本当にあやしかったのか、そうじゃなかったのか、わからないからね。

 

仮に騙された!詐欺だああああ!ってなったら、

それはそれ。よい勉強じゃないですか。

仮に騙されることなくうまく交わしたら、その結果がどうだったのかが、ずーーっと気になったまま過ごすことになりますから!

 

ですから、あなたが何かに迷っていたら、全力で飛び込んでいることをお勧めします。

 

バンド初心者が絶対やらかす失敗検索ワードとは?

 

 

バンドで成功したい!

メジャーデビューしたい!

バンドで成功する方法が知りたい!

 

漠然とこんなことを思って日々模索しているバンドマンが数多くいると思います。

 

わたしが過去にしてきた行動と、

 

現在のライブハウスシーンやメジャーやインディーズ、集客がどーのこーの…。

 

比較しながら書いていこうと思います。

 

一度はやったでしょ?こんな検索の仕方!

 

まず、

 

『バンド 成功 方法』

こんなことをGoogleで検索してませんか?w

 

自分はしていましたw

 

安心してください。
身になる情報は絶対に検索できません。

 

 

おいおい、じゃあどーすんのよ?

 

ということになりますが、

 

そこで、わたしがここで正解を渡すことはできないですし、正解なんて無いです。
そもそも知ってたら、わたしがメジャーに行ってますしw

というか、メジャーに必要性を感じなくなったから、メジャーデビューという目標はやめたんですけどね。

 

そのへんを、
わたしの過去の活動を、自分自身思い返しつつ、今現在の日本の音楽事情なんかをわかる範囲で書いて、

ほんの少しでも、勇気を与えられればそれでオッケーな感じです。

 

ライブでかっこよくギターを弾きたい、つまり成功したいですか?

 

自分で言うのもアレですが、私はステージングは自信があります。

 

なぜなら散々失敗を繰り返してきたから。

ビジネスでよくある、PDCAってあるじゃないですか。

(知らない人はググってください)

 

これをずーーっと繰り返してたんですよ。

自分がギター弾いてる映像とか見るのすごい好きでしたからww

決してナルシストっていうことじゃなくて、

色々ライブの状況を思い出せるし、なにより

かっこ良く弾いてたつもりだったけど、実際はどうだったのよ??

っていうことを確認できるから。

 

ライブビデオは必ず録ってもらったほうがいいですよ。

メンバー間の動きもあるし、なにより今のあなたのパフォーマンスが知れますから。

 

コピーをはじめる。

ロックという音楽の面白さを理解し始める。

バンドをやってないのにバンドのギタリスト像を勝手に構築し始める。

 

 

こんなところまできました。

 

 

コピーも、やってることはただの練習でしたが、練習というよりとは、ただただ曲が弾けるようになりたくてTAB譜をにらめつけてました。

 

友人の影響から、
LUNA SEAやXの曲は、ほとんど網羅したような覚えがあります。

 

 

 

で、、、

 

CDコンポから近所迷惑ギリギリ、いや、多分近所が優しかったのでしょう。

かなりのボリュームで音を出し、

それに見合うボリュームでアンプから音を出し、CDに合わせて弾きまくる。。。

 

これをずーーーーーーっとやってましたw

 

ギター自体も歪ませているので、

上手く弾けてる気になれるんですねw

もう、完っ全なオ◯ニーです。

 

ただ、この時に自分が思い描くギタリスト像は頭の中にあって、
それを意識しながら弾いてたのは覚えてます。

要するに・・・

 

弾けていようが弾けてなかろうが、

 

大きなステージで大勢のファンの前でギターをかき鳴らしている自分のビジョン

 

これがあると無いとでは、結果がまったく変わってきます。

 

何がどう変わってしまうか?

 

単純に、

 

ライブでかっこよく弾けません。

具体的に言うと、

 

自分の思っているようなギターが見えていない

 

→弾かされてる感のギターの音になる

 

→自分から発信した音、フレーズじゃないから自然と覚えきれていない

 

→ライブ中、ずっと指板をみることになる

 

→ライブ中、周りをみたりする余裕が無い

 

→弾いててもなんとなく楽しくない

 

→弾くことに集中して、弾いてる姿が「練習用」ポーズ。

 

ダッサ!

 

ということですw

 

こういう人には見せたくないようなものこそ、実はライブではものすごく重要だったりするんです。

ライブって、普段とは違う世界観でしょ?だから、非日常なんですよ。

なら、

人に見せたくないようなものを、全力で表現したほうがカッコよく写るってことです。

 

ではでは!

 

\ SNSでシェアしよう! /

雷僧(らいぞう)Official Blogの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雷僧(らいぞう)Official Blogの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

関連記事

  • バンドが売れるためにやってはいけない4つのこと【2018年版】

  • 友人のライブに誘われても行きたくない本当の理由

  • 売れるバンドマンになるために売れない特徴を4つ覚えておけ。

  • バンドマン「あるある」ではなく、深刻な4つの「ない」を解決!

  • 習いごとに共通する、生徒が通い続けたいと思うたった1つこと

  • ギター初心者におすすめのレッスンでは教えてくれない思考法!