1. TOP
  2. バンド
  3. バンドマンを彼氏に持つ彼女から別れたいと思われないための3箇条!

バンドマンを彼氏に持つ彼女から別れたいと思われないための3箇条!

こんにちは、雷僧です。

 

ちょっと前々から気になっていたことを書いていきたい。

今回のテーマは「恋愛」についてガッツリ書いてみたいw

一般的にバンドマンと呼ばれる人間は、、、

 

バンドマン=貧乏、夢見がち、結局売れない、彼氏にするもんじゃない。

 

こんな風評があるそうです。

 

残念ながら、大正解です。

しかし、「何も考えずに愚直にバンドマンとして生き続けていたら」という前置きがある場合です。

 

もちろん、バンドマンバンドマンし過ぎて、何年も付き合っていた彼女と破局した奴も知ってます。

しかし、実際に音楽を主とした仕事をしつつも彼女と結婚した人だってたくさんいるんですね。

実際、バンドマンを彼氏に持つ女性が、決して不幸な人生を送っているかといえば、そんなこともない。

 

 

これを読んでいるあなたがもし、「バンドマン」なら、

音楽というジャンルで彼女を幸せにすることだって可能だということが分かっていただけると思います。

 

これを読んでいるあなたがもし、「バンドマンを彼氏に持つ女性」なら、

あなたの彼氏にこうなってもらえば、「売れない」仕事の彼氏ではなくなりますし、よって結婚だってできると思います。

 

色々情報を探っていると、やはり男女関係の悩みが圧倒的に多いみたいっすね。

ではいきます。

 

就職=バンドが出来ない=就職しないは大間違い

 

多分、コレが圧倒的に多い悩みなんじゃないでしょうか?

高校を卒業して、大学に入って、バンドを本気でやるぜ!と誓って、

20代前半、バンドマンとして活動し続けて、

なんだかんだアルバイトを転々とし続けて、バンドも鳴かず飛ばずでもうぼちぼち30代の壁が迫ってきている。

彼女からすれば、20代前半は「夢を追っていて素敵!応援したい!」こんな感情で恋愛に発展。

しかし、何年も何年も同じ変わり映えのない活動状況で、一向に芽が出る様子がない。

 

しかし、バンドマンの彼からすれば「バンド以外のことはやりたくない!だからもう少し待ってくれ」的な心情。

 

これ、ぶった切る言い方させてもらうと、

就職する勇気がないだけで、「おれはバンドマンだから就職はしない」と、逃げているだけです。

 

私がメインで活動していたmellowsgardenは、4人中2人はフツーに社会人でサラリーマンでしたからね。

もしかしたら、あなたも同じように「就職から逃げている」かもしれませんね。

逆にですよ!

「就職しながらでもバンド活動が出来る方法」がわかれば、就職したくなりませんか?

彼女さんのためにも、金銭的にも。

 

就職したことでバンド活動に影響するものとは?

まぁ、いうまでもなく、「時間」です。

社会人とフリーターの違いは、「シフトの融通」、「責任の差」だと思います。

バイトだから、「すみません、来週の◯曜日、休ませてください!」が通用する(と思ってる)わけ。

一番悩むのは、ライブができなくなるんじゃないか?

今までみたいにスタジオリハができなくなるんじゃないか?

これですよね。

 

よく考えてください。

 

別に、会社の仕事終わってからリハに入ればよくないですか?

私の例でいうと、

バイト時代、というか、mellowsgardenに加入する前までの活動は、

バイトの時間が18時くらいに上がるから、そのあと19時とかから2~3時間入っていました。

寝る時間も0時過ぎには寝ていたことが多かったので、普通に7~8時間寝てました。

しかし、mellowsgarden加入後は、21時~0時の3時間でした。

理由は簡単で、「21時じゃないとみんな間に合わない」からです。

寝る時間は2~3時。朝は7時起き。一気に半分くらい睡眠時間が削られる。

まぁ、やってみれば別になんてことはなかった。

 

終電ないじゃん!

とか、

次の日朝からバイトきついじゃん!

とか、聞こえてきそうですが、

終電がないなら、原チャか車か、メンバーに送ってもらうか、どうにでもなる。

次の日朝がキツイのは誰だってそうです。

寝る時間を削ればいいだけの話。

 

実際、当時私も結構衝撃でしたし、寝る時間を削るという概念が全然無かったので、しばらくはきつかったですよwww

でも、ねぇ?

夢を叶えたいんなら、そのくらいやれよと。

そういうことを身をもって教わりましたから。

 

そういうことなんです。

 

就職して、うまく両立できるかできないかは、彼氏の裁量次第です。

やりようによっては、いくらでも活動できますから。

 

就職することで得られるメリットとは?

これは圧倒的に「お金」でしょうね。

バイトでガツガツやっていた人が、変なとこ就職しちゃったら、手取りが減る可能性も無くなはいですが。。

あと、一般的な視線が変わりますよね。当たり前ですけど。

バイト、じゃなくって会社員、ですから。

お金と同じくらい「安定感」も得られますよね。

バイトならいつ辞めることになるかわからないけど、会社員ならそう簡単にはクビにはならないですから。

 

だから、あなたがバンドマン彼氏であるなら、一度彼女のために職を落ち着かせてもいいかもしれませんよ!

実際私がそうだったんで、間違いないです。

私が就職してからバンドマンとして活動していた時期、私がどんな状況だったかというと、

社員として販売業をやっていて、いわゆる店長でした。

事実上17~18日間くらい休みがない連勤中でも、ライブをやることは出来ましたからねw

 

要は、どれだけ両立できるか、というか

どれだけ両立するパワーがあるかというだけだったりもします。

 

「売れない」のではなく「売っていない」

なぜ、そもそもあなたのバンドが売れないのか?

これは、あなたのバンドがビジネスとして成立していないからです。

詳しいことは、

「やれてそうでやれてない!バンドで生活をしていくために超必要な事」

こちらの記事で詳しく書いてますので、気になった方は必読です!

 

バンドでライブだけやってたんじゃ、そりゃあ大学のサークルと大差ないっすよ。

「バンドで食っていく」わけですから、「食っていけなきゃ困る」わけです。

じゃあ、食っていくってどういうことか?

それは、あなたが何かを提供して、その対価でお金をもらうという行動ですよね。

これって、サラリーマンもバイトも、いわゆる被雇用者は、「時間」を会社に提供して、会社から「給与」をもらっているってこと。

 

これ、バンドマンがを提供して、お客さんがチケットやCDを買ってお金を落としてくれてるでしょう??

 

これがわかんない、というか、わかってんだけどやれてないから、いつまでも同じなんですよね。

もう一度書きますが、詳しいことは、

「やれてそうでやれてない!バンドで生活をしていくために超必要な事」

こちらの記事で詳しく書いてます。

 

「売れ」ば、確実に稼げるということ

上述した別記事に書いたとおりですが、

バンドで食っていく=ビジネスをしているという認識が必要なんです。

 

それさえ出来てしまえば、立派な個人事業主ですよ。

 

具体的な方法は?

ほんと、何度もゴメンナサイですが、

「やれてそうでやれてない!バンドで生活をしていくために超必要な事」

こちらを読んで下さいww

 

ここでも重複してでも書く必要がある内容とすれば、

いきなり押し売りしても誰も買わない。

まずは、あなたのバンドというものの価値をどんどん提供し続けるということ。

ここさえ押さえておけば、赤字になるってことはなくなると思いますよ。

 

 

最後に、逆にバンドマンを彼氏に持つ女性へ、、、

なぜバンドマンの彼氏が好きなのか?

付き合ったきっかけって、なんでしょう??

 

ふつーに付き合って、その彼氏がバンドやってた、あるいはバンドをガチでやり始めたのがたまたまなら、今まで書いたことを彼氏に実践してもらいましょう。

 

逆に、、、

バンド、いわゆる音楽で成功したいという夢を追ってがんばっている姿に惚れて、付き合ったんであれば、ちょっとだけ考えて欲しいです。

 

どれだけ応援する覚悟があったのか?

バンドマンって、基本音楽のことしかしたがらないんですよww

曲作ったり、スタジオ入ったり、ライブやったり。付き合いのために打ち上げ行ったり。

これ、もし音楽が「仕事」として考えたら、

普段仕事しっぱなしで、接待で飲みに行って朝帰ってきて、という生活と一緒なんです。

だから、

「音楽ばっかりやって、私の事をかまってくれない、寂しい」

というのは、ちょっとだけ我慢も必要かもしれません。

あるいは、ちゃんとメリハリをもった活動をしてもらうべきですよね。

 

ふつーに、売れるために24時間ギター弾いたりする必要って全くありませんから。

 

 

ただ、普通の仕事とバンドと決定的に違うもの。

それは、音楽でほとんど収入が入ってこないというところです。

 

彼女なら、将来結婚したい、子供も産みたい。なら、早い段階で収入を確保したい。

当たり前ですよね!

そもそもバンドマンていう職業がどれだけ稼げるものなのか?

ある程度わかってたはずなんですよ。

 

まあ、結婚するという将来が二人に見えているのなら、

計画性をもって、バンドを売る必要がありますけどね。

 

まとめ

バンドマンがバイトだけ続けてロクに売れる見込みもない状態で何年も何年も同じ活動ばっかりしているのは、

自身の行動が趣味の延長でしかない状態で、色々犠牲にしながら活動し続けているからです。

新しいことを始める前に「できない理由」を作って、それをバンドという夢のせいにして正当化しているだけです。

 

ですので、

実際に行動してみることが一番大事。

就職も、結婚も。

そういう大事なことをやってのけて、そのうえで「どうやったらバンドも続けられるか?」

つまり、できない理由ではなく「どうすれば出来るか?」を考えればいいってことです。

 

ではでは!

 

\ SNSでシェアしよう! /

雷僧(らいぞう)Official Blogの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雷僧(らいぞう)Official Blogの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

関連記事

  • メンバー募集の利便性と質について。

  • バンドマンの彼女は仕事も恋愛もクソ上手い。

  • ネットビジネスから学ぶバンドの動員を上げる方法

  • バンドはライブハウスをきっちり厳選せよ!!

  • バンドがメンバー募集で必ず困ること

  • 女ボーカルを外見だけで判断しているキミはクソ