1. TOP
  2. ギター
  3. ギター初心者は必ずコピーをしておこう!

ギター初心者は必ずコピーをしておこう!

こんにちは!雷僧です。

 

あなたはコピーはやってますか?

 

いや〜〜〜〜私はまだコピーは早いかなぁ〜、、

とか思ってませんか??

では逆に聞きましょう。

 

早いというなら、いつが頃合いですかね??

 

ほら!答えられない!

 

ってことで、コピーは絶対早々にやったほうがいいです。

 

ギター初心者がコピーをやったほうがいい理由

 

雷僧さんよ、コピーはなんでやるんですか?

やったところで、何になるんですか?

 

こんな風に思ってる人、いませんか?

 

なぜ必要か、なぜコピーをみんなやってるのか、お伝えします。

 

 

楽しいからです。

 

 

想像してみてくださいな。

 

あなたの大好きなバンドがある。

てことは、必然的にギタリストに注目しているはず。

そして

こんな風にカッコよく弾きたいわぁ〜〜って思っているはず。

 

コピーすれば、それが叶うんですよ!!

 

すごくないですか??

あなたがそのバンドのギタリストと同じことができるようになるんですよ!

そんな楽しいことないでしょう!

 

ギターは、練習なんかしないでとにかく楽しめ!

これが私の持論だったりします。

 

コピーをやることで得られるもの

 

結論から言うと、あなたのギターを弾く知識が広がります。

要は、応用が利くようになるんです。

引き出しが増えるってやつですね。

コード進行や、フレーズ、ギターソロの弾き方、

あなたが予想もしないような演奏を簡単に弾いてますよね?

それが、自分の引き出しに入るわけですから。しかもほぼタダで。

これはやらない理由はないでしょう!

 

コピーは、やったらやった分だけ応用が利くようになります。

ぜひ、どんな曲でもいいからチャレンジしましょう。

 

とはいえ、

具体的にどうしたらいいんですか??

 

という漠然としまくった疑問があるんじゃないでしょうか。

 

では、私の実体験を元に、それを辿っていきたいと思います。

コピーを始めるにあたって必要なものその1

 

さて、

当時の私を振り返りますが、まずはFコードです!

EACオンリーなおれも、ついに!

Fコードをなんとか不格好ながらもコードチェンジに組み込めるようになりました。

 

しかし、

おれがやることは相変わらず、
知ってる限りのコードだけで、
ただひたすらストロークですw

 

ここらへんで、

ようやく『コピー』という遊びの存在を知るんです。

 

 

え?

コピーって何?

ナニソレオイシイノ?

 

とある友人に、

 

私『ギターはじめてみたんだ』

友人『へぇーー、なんかコピーとかやってるの?』

私(??)

私『いや〜、まだやってないよー』←鉄板

 

と、さもコピーを知っているかのごとく、知ったかぶりで返事を返したのを覚えてます。

 

当時自分が好きだった音楽は、

決してロックではなかったのです、

小室さんが全盛期の頃で、

流行りに乗ってというか、
テレビから流れる音楽、友達が聴いてる音楽を聴こうとすると、結局小室プロデュースの楽曲ばかりだったんです。

 

ある年の年末だか年明けだかにglobeのDEPARTURESを聴いて、

そこから小室さんをリスペクトし始めるんです。

あーメロディいいなぁーーーかっこいいなぁ〜〜

おれも自分で曲とか作りたいなぁー!

みたいに思ってました。

 

私が聴いてる曲って、ギターどこで鳴ってんのかわかんないなぁ。。

バンド…っていう感じじゃないしなぁ。。

そもそもどの曲?どのアーティスト?
コピーしたらいいんだろ??

こんな感じでした。

 

今思えば、
それこそglobeとかでいいからコード譜調べてコードだけでも弾いてみりゃよかったのに、、と思いますが。。。

 

ということで、友人がよく聴いているバンドなんかを教えてもらう。

LUNA SEAが好きだとのことで、じゃあ私も!ってことで、

まっっったく聴いたこともないのにLUNA SEAのスコアを買ってみるwww

 

はい!

まず必要なのは譜面(スコア)です。

当たり前ですねっ!

 

 

 

初心者はまだ耳コピはするな!

 

ここで注意点!!

 

いきなり耳で音を拾おうなんて思わないでください。

それをやってしまうと、

自分の現状の引き出し上のプレイでしか拾えません。

結果、成長しません。

これはわかりますよね?

自分が今できることでしかギターで表現できないわけ。

ってことは、仮に耳でコードを拾えても、正確なコードは拾えません。

例えば当時の私なら、#や♭がつくコードが出てきたらアウトですよね。

SUS4とか、Add9とかもアウトです。だって知らないんだもん。

 

コピーを始めるにあたって必要なものその2

さてお次は、、

 

これも当たり前ですが、音源です。

当時の私は、音源もないのにLUNA SEAのスコアを買ったわけです。

そのあと、もちろん大至急CDを買いに行きました。

 

さて、いざCDを流しながらスコアを見てみる。

 

 

・・・

 

・・・

 

 

読めない。

 

 

譜面が読めないという最悪の事態が発生しました。

 

ということで、あなたがもし譜面が読めないなら、絶対に読めるようにしておいてください。

読み方のコツとしては、

実際に聴いているCDを照らし合わせて覚えていくと、楽に頭に入ります。

音符はリズムを表している、という認識をしてください。

ですので、リズムで捉えましょう!ということですね。

譜面に関しては、後々別記事で書いていこうと思います。

 

なんだかんだ譜面を読めるようにがんばるわけです、当時の雷僧は本当に頑張り屋です。

 

コピーを始めるにあたって必要なものその3

ここからは大事です。

(いや、譜面も音源ももちろん大事よ!)

 

そして譜面がある程度読めるようになってきて、

実際にギターを手にして譜面通りに押さえてみるんです。

やってみればわかると思いますが、

 

こんなに覚えらんなくねぇか??汗

 

って感じると思うんですよ、譜面を見てるとw

 

もちろん、譜面だけ見て覚えようと思ってもまず無理。

 

ここで大事なのは、前の記事でも書きましたが、

体に染み込ませることが重要。

染み込ませ方は、人それぞれかもしれませんが、

私のオススメ方法は、

4小節ごとに覚えると楽です。

1小節だ!とか、

いやいや、8小節っしょ!とか、

色々意見は分かれるところですが、

4小節がおすすめです。

 

なぜなら、たいがいのフレーズは4小節区切りが多いからです。

1小節だけだとイマイチどこのフレーズ弾いてんのかわかんないし、

8小節だといきなり覚えきれないことも多々。(私はそうでした)

 

つまり、3つ目は譜面の覚え方です。

 

CDを聞きながら譜面をみる。

そしてギターを弾くわけだけども、覚えらんなきゃ意味がない。

そこで、簡単に体にスッと入っていくには、4小節ごとに覚えていく、ということをオススメします。

 

コピーを始めるにあたって必要なものその4

 

これはズバリ、

練習の仕方です。

あえて「練習」と書きましたが、練習とは思わず、楽しんで弾くことが最重要ですからね。

 

まあでも、譜面読めるようになって、それ通りに弾くっていう作業は、練習でしょうね。

でも、フレーズが1つ弾けるようになって、

その部分だけでもいいからぜひ実際の音源を流しながら自分で弾いてみてください。

最高潮ですから!笑

うおおぉーー今自分もコレ弾けてる!!

って思えるので、超ワクワクしてきますよ!

 

では、実際にどんな感じで練習していくか?

 

まず、4小節ごとに覚えましたよね?

そしたら、4小節分を音源に合わせて弾くと、テンションが上がりますよね?

それを4小節づつ増やしていく感じです。

4小節弾けたら、もう4小節。

次の4小節弾けたら、もう4小節。

こんな感じでやって、最終的には通して弾く。

通して弾く時の注意点としては、

ミスっても最後まで弾きとおすこと。

これめちゃめちゃ大事です。

 

体が染み込む、という話を何度もしてきたから今更あれですが、、

最後まで弾きとおすことで、

体が曲全体を把握してくれるようになります。

 

コピーのまとめ

はい。

あなたもこれでコピーするのが上手になったはずです。

譜面を買いましょう。

その音源を用意しましょう。

4小節ごとに覚えていきましょう。

ミスっても構わず曲を1曲通して弾ききりましょう。

ってことですね。

 

ではでは!

 

\ SNSでシェアしよう! /

雷僧(らいぞう)Official Blogの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雷僧(らいぞう)Official Blogの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

関連記事

  • ギターソロの作り方を自分のバンドで学ぼう。

  • バンドにおいて生き残るギタリストとそうじゃないギタリスト

  • ギターで曲作り!コード進行これだけは知っておけ。

  • ギターの弾き方で右手の〇〇が腱鞘炎の原因!

  • ライブでギターをかっこよく弾くための極意

  • ギター初心者は洋楽ロックとどこで出会えばいいのか??