1. TOP
  2. バンド
  3. 「バンドやろうぜ」といえば、アプリの前に雑誌だぜ!

「バンドやろうぜ」といえば、アプリの前に雑誌だぜ!

こんにちは!雷僧です。

 

最近ちょこちょこ実家と自宅の往復をよくするんです。

そんでですね、

実家の自分のいた部屋に、まだ過去に買った雑誌とかが大量に収納されてるんですよ。

 

その中に、、

 

「バンドやろうぜ」

という雑誌が何冊かあって、、、

これはもう、僕の青春時代のバイブルでしたw

 

 

僕は高校生のときバンドをはじめたんですけど、

最初はLUNA SEAのコピバンをしてたんですよ。

ギターを始めた当初は、LUNA SEAなんて全く興味がなかったんです。

むしろ、ビジュアル系というジャンルのバンドには嫌悪感すら抱いていたくらいw

ライブ告知でチケット完売するための◯◯な考え方。という記事で、どうやって僕がLUNA SEAを好きになっていったのか、書いてあるのでよかったら参考にしてねd(ゝ∀・*))

だんだんLUNA SEAを筆頭にビジュアル系が好きになっていって、

というか、同級生の楽器やってる奴らがみんな当時のビジュアル系が好きな奴らが多かったから、

単純にその流行に乗っかって、僕も聴き始めた、、っていうのが多分一番正しいんじゃないかな。

毎月毎月、発売日を楽しみにして、発売日と同時に買いに行って、

好きなバンドの情報を読んで、後ろらへんにあるメンボページを穴が開くくらい読んでメンバーを探しまくってたのは良き思い出(笑)

セックスマシンガンズっていうバンドがいたんですが、あなた知ってます??

このバンド、「バンドやろうぜ」から人気が出てきたバンドなんですよ!

僕もはっきり覚えてるのが、

「バンドやろうぜ」のコーナーの中に、自分たちで写真とプロフィールとかバンド活動内容とかを書いて、載せてもらうページがあったんです。

そこに定期的にセックスマシンガンズがいたのは覚えてます。

今はもう解散しちゃいましたけど、めちゃくちゃかっこいいメタルバンドでした^^

おっと、

なぜ今、「バンドやろうぜ」について書こうかと思ったかというと、、、

こないだ、ふと「バンド」で検索してみたら、、、

「バンドやろうぜ」というキーワードがたくさん出てきたんです。

おぉ!懐かしい!今も人気なのかなぁ??

って思ってたら、、、

「バンドやろうぜ」がアプリ?!

んなアプリが出てたんですね!!

んで、、イントロダクションを読んでみたら、

バンドブームだった時代にひとつのイベントを境に、ブームが過ぎ去ったらしい。

バンドマンが楽器とステージから去っていったそうな。。。

 

どんなイベントなんでしょう、、、

まあ、いいや。

 

んで、15年ほど経過するそうです。

まったく当時とは違った音楽シーンになってしまっているそうな。

そんな中で、15年前のようなバンドマンが活動をはじめて、再びバンド旋風を巻き起こしてくれるんでしょうか??

 

青春とバンドがコンセプトのリズムゲームアプリみたいです!

 

まあ、正直、、

なーーんだアプリだったのか!

って、ちょっと残念w

 

でもね、、

個人的に思うこと

内容とかはよくわかんないんだけど、

こういうアプリは、すごくいいなぁーと思うんですよ。

 

なぜって、、

 

バンドをやりたい!

っていうきっかけになるでしょ!

 

やっぱ、僕としてはギターやベースやドラム、そういう楽器はやっぱ生楽器に触れて欲しいなと思うわけ。

んで、本物のライブをぜひ体感してもらいたいんですよね。

これがどれだけ人生を変えるか、、、!

 

最近の中高生って、もちろんスマホを持っていて、その中のアプリにハマるわけじゃないですか。

そんなゲームの中で、バンド関連のゲームが人気だと、中には実際にバンドやってみたくね?って思う子達もいるわけですもんね。

 

だから、どんどんこういうアプリでバンドをやるきっかけを作ってほしいですなd(ゝ∀・*)

ゲームなんかより、実際にプレイしたほうが、実際にステージに上がったほうが、何億倍も楽しいと思います!

 

個人的に思ったことその2

 

もっといえば、製作者さんとかって、まさに僕らと同世代なんじゃなかろうか?と思える節が。。

 

2017年を、このゲームの15年後として仮定する。

すると、今から15年前っていうと、僕がちょうど高校を卒業して四苦八苦しながらも、バンドに魅了されまくっていた時代。

当時は、ビジュアル系もそうだが、メロコア、青春パンクみたいなジャンルが結構多かったです。

ハイスタなんかはもう、知らない人はいなかったですね。

ここでちょっと面白かったのは、

メロコア勢は、ビジュアル系のことは嫌いなんですけど、

ビジュアル系は、メロコアとかも聴くんですよねw

僕がメンボでバンドメンバーを探しまくっていた頃、すっごく二極化していたのを覚えてますw

 

僕自身は正直どっちもやったし、どっちも好きなんだけど、

時代の流れに乗っかって、

LUNA SEAのコピバン(ビジュアル系)

ビジュアル系のオリジナルバンド

メロコア、パンクバンドのHONEY★BLOOD

こんな感じでバンドが変わっていきました。

しかし、ジャンルでのそういう住み分けはあったけど、

その分バンドマンが死ぬほど多かったし、ライブハウスも盛り上がってたんです。

 

で、、今。

2017年。

 

さあ、どうだろう??

 

あなたがテレビで見るアーティストって、どんなアーティストが多いですか?

 

もう、正直「バンド」って言えないよね、「アーティスト」と言い代えた方がしっくりきちゃう。

アイドル系、ジャニーズ系、LDH系、こんなアーティストさん達がほとんどですよね。

そんな中で、たまに超人気のバンドとかがポッと出演、、みたいな印象です。

 

だから、ふと思ったのは、

この製作者さんって、僕と同じく、もっとバンドが盛り上がって欲しい、

今の音楽シーンを昔のようなバンド全盛期に戻したい。

こんな狙いがあったりするんじゃないかなぁ?

って、勝手に思ってたりします(笑)

 

そして、青春とバンドって、、

まさに僕もそうだったし、この製作者もそうだったんじゃないのかなぁ?

と、勝手に共感(笑)

 

まとめ

「バンドやろうぜ」というキーワードが、今ネットにはたくさん上がっています。

そんな中で、アプリを楽しんでる子達の誰かが雑誌の「バンドやろうぜ」を発見して、

 

「へぇ〜〜こんな雑誌あったんだ??!」

 

って思って、さらに、

おれもバンドやってみようかな〜

って思ってくれたら、すごくうれしいなと思います。

 

 

やっぱ、きっかけって大事ですからね。

僕らの時は、大多数が「女子にモテたい」だったけどwww

こうなりたい!っていう欲求が、こういうアプリ内では、きっとあると思うし。

 

僕はもちろんだけど、

きっとね、製作者さんも名前の通りですよ、

 

バンドやろうぜ!

 

って、アプリを手にしたあなたに言いたいんだと思います。

 

ではでは!

 

\ SNSでシェアしよう! /

雷僧(らいぞう)Official Blogの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

雷僧(らいぞう)Official Blogの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

雷僧(らいぞう)

雷僧(らいぞう)

ロックギタープレイヤー。
mellowsgardenというバンドでメジャーデビュー。
バンド解散後、サポートミュージシャン、ギター講師、プロデューサーとして活動。
映画やドラマのOP、EDテーマを手がけた実績を持つ。
インターネットを使った「好きなことを仕事にする」をテーマに
ブログ、メルマガで情報発信をしている。

関連記事

  • 女ボーカルを外見だけで判断しているキミはクソ

  • ライブハウスで100人お客さんを呼ぶ方法

  • 大学に入ったらサークルでバンドをやりたい人へ

  • CDミリオンセラーはもう生まれない!

  • バンドが売れるためにやってはいけない4つのこと【2018年版】

  • ボーカル初心者との失敗談その1